ニキビが冬に悪化する原因は?冬場に増える大人ニキビの治し方

冬ニキビの原因と対策

なんで寒いとニキビが酷くなる?

 

『夏、暑さ=ニキビ』は納得できても
『寒さ=ニキビ』は繋がらない…

でも毎年、冬が近づくと
おでこ口周りにブツブツ。

 

さらに寒くなると
フェイスライン首元がかゆい。

最悪デコルテ(胸元)や背中
おしりなど体にも広がっていく。

 

「一度できたらなかなか治らない…」

そんな厄介な大人ニキビをケアする為に
冬に悪化する理由と対策を練りませんか?

 

今回、一緒に考えていくのは
『冬ニキビの原因と治し方』

冬ニキビを招く生活習慣や
洗顔の際の注意点、
化粧水の選び方を見ていきますね(^^)

冬に肌荒れや吹き出物が酷くなるなら
今から話す内容を治るヒントになりますよ。

 

冬場にニキビが酷くなる根本的な原因とは?

一般的に季節で言うと
夏にニキビが悪化するイメージですよね?

汗でベットリ、顔がテカテカ
それでニキビが出来ると(>_<)

 

確かにこのイメージは間違ってはないけど
正反対の冬もニキビに悩む人は多く
あなただけではないんです。

ではなぜ寒い季節になると
ニキビが増えてしまうのか?

 

その根本的な原因としては
肌が乾燥しやすいことが挙げられます。

乾燥肌とは肌の角質層の水分が少ないこと。

この部分に水分が少ないと
肌のバリア機能が低下してしまうんです。

 

守れないってことは
外からの刺激に弱くなりますよね?

つまり炎症を起こしやすいってこと。

何気なく使っているマスクマフラー
あと化学繊維の服や下着
さらに入浴などの刺激からも守れない。

 

しかも私たちの身体はバリア機能が低下すると
『やばい!』と思い皮脂の分泌量を増やして
なんとかバリア機能をフォローしようとします

すると毛穴に皮脂が溜まって
これもニキビの悪化に繋がります。

 

  • 乾燥により刺激に弱くなる
  • 皮脂が過剰に分泌される

 

これが冬ニキビの
根本的な原因と言えますね。

 

冬に注意したい生活習慣と理想的なニキビケア

冬のニキビケア

では具体的に肌を乾燥させない為に
どういった事に気をつければいいか?

冬ニキビへの正しいスキンケア
一緒に見ていきますね(^-^)

 

① 部屋の湿度を確かめよう!湿度で乾燥肌ケア

 

結構、見落としがちなのが
室内の乾燥です。

いくら保湿しても
空気が乾燥してたら
効果も薄くなっちゃいますよね。

 

だから、まずは部屋の湿度
これを適度に保つことから始めましょう。

加湿器があればいいですが
もし無いなら洗濯物を部屋干ししたり
濡れたタオルを寝室にかけるだけでも
乾燥は防げますよ(^0^)/

 

② 身体の冷えや寒暖差も注意!

 

次は冷えについて。

空気が乾燥していると
身体も冷えやすいです。

 

身体が冷えると
血液の流れがスムーズにいかず
老廃物が体内に溜まりやすくなる

すると、その溜まった老廃物が
吹き出物になって出てくるリスクもあります。

 

さらに寒暖差が激しいと
ホルモンバランスが乱れてしまいます

男性ホルモンが優位になると
皮脂の分泌量も増えるので
ダブルの意味で冷えへの対処もしたいところ。

 

カイロ湯たんぽ腹巻半身浴
体をポカポカさせると良いですよ(^0^)

 

③ あなたは大丈夫?冬ニキビを悪化させる洗顔

 

最後は洗顔方法について。

洗顔で間違いやすいのが
ゴシゴシ強く洗い落とすこと。

 

「ニキビを治したい」

そんな一心で擦って洗うのは
必要な皮脂も落としてしまうし
刺激に弱い乾燥肌にはNG

シャワーで洗顔料を落とすのも
刺激という点ではオススメできません。

 

理想的な洗顔は
以前、書いた記事を読んでもらえば
理解しやすいと思います。

YouTube動画付きで
詳しく簡潔にまとめてあるので(^^)

記事:ニキビ対策の為の正しい洗顔方法

 

化粧水を選ぶ時に絶対に外せない特徴!

ニキビ化粧水の選び方

化粧水に関しては
どんなタイプを選ぶかが大切。

優先順位として高いのが
保湿力低刺激です。

 

何度も言うけど冬は乾燥肌で
肌に水分が少なく刺激に弱い時期。

なので保湿成分を含んでいて
かつ刺激がない化粧水を選ぶと
効果を期待できますよ(^^)

洗顔をして、なるべく早く
保湿ケアをすることで乾燥を防げます。

 

保湿力低刺激

この2つをポイントに
選んでみてはどうでしょうか?

 

冬になぜかニキビが増える人は
知らず知らずのうちに肌を乾燥させて
ニキビができやすい土台を作っています。

もう一度、今までの生活を振り返って
思い当たる箇所を見つけましょう(^^)

読んで頂き有難うございました

あなたのお役に立ちましたなら、より多くの方にご覧になっていただきたいので
【ソーシャルボタン】で記事の共有をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ