顎ニキビは砂糖のせい?甘いものが顎のブツブツを増えるワケ

砂糖

なぜ何度も顎にニキビが?

 

あなたを悩ませる顎ラインのニキビ。
その原因って食生活かもしれません。

あなたは砂糖を食べすぎることが
いかに肌に悪影響となるか知っていますか?

 

  • 甘いものは別腹♪
  • ケーキはつい食べちゃう
  • 我慢できない!食べたい!

砂糖の誘惑に弱いとしても大丈夫。

砂糖の怖さと対処法を知れば
顎ニキビを減らすことは可能です。

 

今回は『顎ニキビと砂糖の関係』

甘いもので顎にニキビが出来る理由と
どうやったら自然に砂糖を遠ざけられるか?
これを考えていきましょう。

 

特に大人ニキビ(20代~30代)で
食生活が乱れてる方に
お勧めの内容です(^^)

スポンサーリンク

砂糖を摂取すると顎ニキビが増える3つの理由

 

砂糖は料理で必ずと言っていいほど使うし
お菓子や和菓子も美味しいですよね?

…でも食べ過ぎるのはイケナイ。

 

毎日の様に砂糖をたくさん摂取したからこそ
あなたの肌はニキビ肌へと生まれ変わったんです

まず砂糖を摂取することで
なぜ顎周りにニキビが出来るのか?
その原因を見ていきましょう。

 

原因① 砂糖を分解するのに必要な栄養素って?

 

一つ目の原因は砂糖は分解する時に
ビタミン、ミネラルが使われるから

摂取量が多いと、それだけ
ビタミンもミネラルも必要で
体の中で不足してしまいます。

 

ビタミン、ミネラルは
美肌を保つ上で必須の栄養素。

特にビタミンB2やB6は
皮脂の分泌を抑える役割があるので
不足すると皮脂の分泌量が増えます。

 

すると毛穴に詰まりやすくなって
そこからアクネ菌が繁殖。
そしてニキビへと繋がっていきます。

もともと顎は乾燥して毛穴が縮んだり
角質や皮脂が溜まりやすいので
余計に詰まりやすくなっちゃいます。

 

原因② インスリンで皮脂の分泌を促進される

 

砂糖を食べることによる
体の変化として血糖値の上昇があります。

血糖値は上昇すると体が『下げないと!』と判断。
そこで分泌されるのがインスリンなんですね。

 

このインスリンは血糖値を下げる作用があるので
この物質のおかげで血糖値は正常値に戻ります。

(糖尿病はこのインスリンが出なくなるから
血糖値が上がったままになるんですよね。)

 

ただこのインスリンは他の作用もあって
それが皮脂の分泌を促すというもの。

だから砂糖や甘いものを食べて
血糖値を上げてばかりいると
インスリンも増えて皮脂も増える。

これもあなたの肌を
ニキビ肌へと変える原因となります。

 

原因③ 甘いものの食べ過ぎで胃腸の調子も悪くなる

 

最後は胃腸への影響について。

砂糖を食べると糖反射といって
胃腸の働きが鈍くなると言われています。

 

それに甘いものは悪玉菌のエサになるので
腸内環境が悪くなるんですね。

便秘になったり老廃物が便で出せないと
毒素が体に溜まるので
肌荒れや吹き出物が出やすい。

 

特に胃腸の不調は
口周りや顎ニキビになるので

顎だけじゃなく口周りにもニキビがあるなら
胃腸が万全でない証拠といえます。

 

  1. ビタミンとミネラルが不足する
  2. インスリンが増える
  3. 胃腸の調子が悪くなる

 

砂糖を食べることで
この3つの変化が起こり
結果として顎にニキビが増えてくる。

 

ではどうしたらニキビ予防が出来るのか?

次は顎ニキビを増やさない為に
私が行っている対策をお話ししますね(^^)

スポンサーリンク

砂糖と上手に付き合って顎ニキビを減らしていこう!

 

私は砂糖を絶対悪だとは思いません。

エネルギーになるし料理に使うと美味しい。
上手く付き合えば人生を明るくする!(大げさ。笑)

だから大切になってくるのは
我慢とか根性で砂糖を断つことではなく
上手に使って食生活を楽しむという事です。

 

そのために私が心掛けてることは3つ。

3つとも砂糖でニキビを作らない為に
日常生活で簡単にできることです(^^)

 

① ビタミンとミネラルを摂ってニキビケア

 

砂糖を分解する時に
ビタミンとミネラルを消費するなら
食事で一緒に摂ればいい!

果物、野菜、タンパク質etc
ビタミンとミネラルが豊富な食材を
毎食、食べるのが理想です。

 

ただ仕事や学校で外食をして
栄養素を摂れない時もありますよね?

そういう時はサプリメントに頼ってます。
ビタミンB群のサプリやマルチミネラルなど
バランスよく配合されたサプリを使います。

ドラックストアでサプリは売ってるので
一度、薬剤師さんに相談すると良いですよ(^^)

 

② 甘いものを食べた後は散歩をする

 

次は砂糖がたっぷり入った食べ物を食べたら
その後に少し体を動かすというもの。

実は食後に体を動かすと
血糖値が上昇しづらいというデータがあるんです。

 

動きすぎると横っ腹が痛くなるので
ウォーキングがおすすめ。

どうしても甘いものを食べたい時は
食べたらすぐに散歩に出かけます。

コンビニやスーパーで買い物をしたり
家の周りを好きな音楽を聞いて歩いたり
この程度の運動でOKなので簡単ですよ(^^)

 

③ 料理に砂糖の代わりを使ってみては?

 

次は料理で使う砂糖の量を
少しだけ減らすという作戦です。

白砂糖や角砂糖は血糖値をグッと上げるので
それ以外の甘味料を代わりに使うのも良いですね。

人工甘味料なら甘くて
血糖値を上げにくいものがあるので
抵抗がない人は試して見るのもいいかも。

 

逆に人工甘味料を使うのが怖いなら
はちみつメープルシロップ
あとカボチャとかサツマイモとか

素材自体に甘味があるものを
上手く使えば砂糖の量も減らせますよね?

ここら辺は本屋に行くと
糖尿病の人向けの献立の本があるので
それを見て参考にすると良いですよ!

 

  1. ビタミン、ミネラルを意識的に取る
  2. 甘いものを食べたら体を動かす
  3. 料理の一工夫で砂糖の量を減らす

 

これをするだけでも
これまでとは大違い。

砂糖によるニキビのリスクは
グッと減らせます。

もし、これでも顎ニキビが出来たら
下の記事を参考に治してください↓

記事:顎ニキビを自宅で治す方法

 

 

何も砂糖を我慢する必要はありません。

自分が出来ることから初めて
顎ニキビのケアをしてみては?

上手く付き合っていきましょう。
我慢してもストレスになるだけだもんね。

スポンサーリンク

読んで頂き有難うございました

あなたのお役に立ちましたなら、より多くの方にご覧になっていただきたいので
【ソーシャルボタン】で記事の共有をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ