座ると痛い!おしりニキビが座りっぱなしで大量に増える時の対策

お尻ニキビが痛い

座ってる時間が長いとブツブツが…

 

痛くて痒い”お尻ニキビ
ずーっと座ってると
どんどんニキビが増えるのはナゼ?

今回のテーマは
『お尻ニキビと椅子の関係』

座るとお尻ニキビが酷くなる理由と
3つの対策を確認します。

 

デスクワークや勉強など
どうしても座らないといけない…

そんな人は、今から話す対策をして
おしりニキビの悪化を防ぎませんか?

スポンサーリンク

おしりニキビが座ってると増える原因とは?

 

なぜ座ってる時間が長いと
お尻が吹き出物でザラザラしてくるのか…
そこには3つの理由がありました。

座り方や環境、下着によって
どの理由かは違うので
自分がどれに当てはまるか見てみて(^^)

 

① 運動不足や締め付けによる血行不良

 

一つ目は血液の循環の話。

ずーっと座ってると
体を動かす機会が少ないので
体に巡る血液の流れが悪くなります。
(特に妊娠中とかはそうですよね)

 

するとお尻も圧迫されてるし
どんどん血液が回りにくくなる。

そして新陳代謝が鈍っていき
角質や汚れが毛穴に溜まり
炎症してニキビになりやすくなります。

 

座ってると体を動かさないし
ベルトで体を締め付ける時間が増えるので

血液の循環が悪くなって
ニキビになりやすいのが一つ目の原因。

 

② ずっと座ってると空気も循環しない

 

二つ目の原因は蒸れ

座ってる時間が長いことで熱を持ち
お尻付近がジメジメしてくる。

すると汗が溜まったり湿気のせいで
雑菌が繁殖しやすい環境になります。

 

通気性が悪いことも
おしりニキビに繋がるんですね。
(あと汗疹のリスクもUPします)

想像しただけで汚い( 一一)

汗をかく場所にニキビができやすい場合は
この蒸れが当てはまってる可能性が大です。

 

③ 体重をお尻にかけることでニキビが潰れる?

 

最後の原因は圧力や擦れなどの刺激
ニキビに刺激を与えてしまうことで
お尻のブツブツが悪化してしまうケースです。

体重をかけ続けてると
お尻の皮膚は固くなって
汚れが毛穴に詰まりやすくなります。

それにニキビが擦れて潰れると血が出たり
ニキビ痕やシミになる可能性もあるので
2つの意味で気を付けたいところ。

 

特に姿勢が悪いと
偏った場所に圧がかかるので
お尻ニキビが増えやすいです。

座ると痛みが増したり
猫背や腰痛持ちだと座り方が悪い証拠。
それがお尻ニキビも招いてるかも…

 

血行不良蒸れ刺激

座ってる時間が長いと
この3つが引き金になって
おしりのニキビを増やしていきます。

 

ではどうしたら治せるのか?
お尻ニキビを予防できるのか?

その方法を考えてみました。
それぞれの原因別に
対処法を探っていきましょう(^^)

スポンサーリンク

血行不良を改善してニキビケアをする

 

まずは血行不良の場合。

これは単純で体を動かすことで
原因を取り除くことができます

仕事中に出来ること
家に帰ってから出来ること
この2つを確認していきますね。

 

【仕事場や学校でオススメ】

  • こまめに席を立つ
  • 背中をひねってストレッチ
  • 座る時はベルトを緩める
  • 足首を回して血行を良くする
  • ランチは歩く時間を作る
  • 階段を使ったり一駅歩く

 

【家でオススメの血行促進】

  • お風呂はシャワーじゃなく湯船に浸かる
  • ふくらはぎを揉むとなお良し
  • 寝る前にストレッチ

 

このように座って勉強したり
座って仕事をするのは仕方ないので
その中で血液の循環を良くしていきます。

体を伸ばしたり血行を良くすると
ぐーっと気持ちよくなりますし
そういう意味でもオススメですよ(*´ω`*)

 

通気性を意識して蒸れを無くしてニキビケア!

お尻ニキビの対処法

次は蒸れの対策。

これも簡単でファッションに気をつければ
一気に群れを減らすことができます

 

まず下着ですが化学繊維よりも
通気性や吸湿性がある天然繊維を選びましょう。
(綿やシルクがおすすめです)

服もパンツよりはスカートにすれば
お尻の通気性を良く出来ますよね。

ストッキングも蒸れに繋がるので
家にいるときは脱いで
履く時間を減らすと良いです。

 

蒸れも先ほどと同じで
こまめに立つだけでも改善されます。

トレイやコーヒータイムを作って
お尻に空気を通してあげて(^^)

 

刺激を減らす為の2つの方法とは?

座ると痛い

最後は刺激について。
座ると痛い時に即効性のある解決法としては
クッションを選ぶのがベスト。

特に中心に穴が空いてるタイプを選ぶと
通気性も維持できるのでオススメ

 

あと長時間座るなら
腰に負担がかからない高反発が良いです。

この辺りは姿勢や座り方で変わるので
東急ハンズやロフトで試しに座って
じっくりくるものを選びましょう。

 

もう一つの方法は絆創膏ですね。
ガーゼや絆創膏を貼って
ニキビを刺激から守る方法です。

ただこれだと痒くなりやすいので
蒸れもある場合はオススメできません。

 

すでにできたニキビを潰したくない
…そんな時には効果的ですね。

ポーチに入れておいて
数回、張り替えると
清潔さも保てます(^^)

 

今回は座る時間が長い時の
お尻ニキビのケアを見ていきました。

お尻ニキビの他の原因や治し方は
以下のページにまとめてあります。

記事:お尻ニキビの原因と治し方を見る

 

 

お尻は普段の生活では目立たないけど
水着や温泉では人目を引きます。

日頃のケアでヒップをキレイに戻して
自信を持った生活をしたいですよね。

スポンサーリンク

読んで頂き有難うございました

あなたのお役に立ちましたなら、より多くの方にご覧になっていただきたいので
【ソーシャルボタン】で記事の共有をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ