ニキビ肌で洗顔後にヒリヒリする原因と痛みを避ける洗い方

洗顔後にヒリヒリする

顔を洗った後ヒリヒリする…

 

お風呂上りに肌がつっぱり赤みが出る。
その後に顔がピリピリとしてくる。

そんな時は洗顔方法を見直しましょう。
ナイーブな肌に合った顔の洗い方をしないと
どんどんボロボロになってしまいます。

 

今回は『顔がヒリヒリする原因と対策』

  • 妊娠中・産後で肌が弱い
  • 乾燥肌で肌荒れしやすい
  • 唇や目の周り(まぶた)がガサガサ
  • 化粧水を付けてもピリピリする

 

このような肌タイプの時期の
洗い方や洗顔料の選び方を考えていきます。

洗顔する時の注意点を確認して
肌に優しい生活を送りませんか?

スポンサーリンク

洗顔後に顔が痛い,しみた時の3つの原因

 

洗顔後に顔が痛くなる時は
3つの原因に分けられます。

だいたいこの3つのどれかに当てはまるので
まずはこれらの原因を見て
当てはまってないか確認していきます。

 

① あなたの当たり前は『洗いすぎ』かも?

洗顔で洗いすぎ

一つ目の原因は洗いすぎ

顔を洗いすぎてターンオーバーを乱し
乾燥肌や敏感肌にしている可能性があります。

『ニキビを治したい!美肌が良い』
そんな思いでゴシゴシ洗ってると
汚れと一緒に必要な皮脂も落としてしまう。

 

すると肌のバリア機能が低下して
肌トラブルが起きやすくなります。

洗いすぎは肌を傷めるし
ニキビも擦って悪化させてしまうので注意。

 

【こんな洗い方していませんか?】

  • 洗顔時間が長い(2分以上)
  • 洗顔料を泡立てずに使う
  • 洗顔ブラシを使っている
  • お湯の温度が熱い
  • ピーリングを頻繁にする
  • シャワーを直接、顔に当てる
  • ふき取り式のクレンジングをする

 

このように肌に刺激を与えたり
摩擦でニキビを擦ったりすると
ニキビ肌からは卒業できません。

洗顔後に肌がつっぱってると
洗顔方法を見直しましょう。

スポンサーリンク

年齢や体の変化で乾燥肌になっている場合も…

 

洗いすぎは肌の乾燥を招きますが
それ以外の原因も考えられます。

例えば冬の季節になると空気が乾燥するので
肌も水分が奪われやすくなりますし
日焼けや紫外線でもカサカサしやすい。

年齢を重ねるごとに体は乾燥しがちなので
『今までのスキンケア』が負担になることもあります。

 

【こんな生活を送っていませんか?】

  • 20代後半で肌がカサカサしてきた
  • メイク時間が長い。落とさずに寝る
  • (男性の場合)ヒゲ剃りが雑
  • アトピー持ち、アレルギーがある
  • あぶらとり紙をよく使う

 

このようなタイプだと
一般的なスキンケアでも肌が乾燥しやすく
ダメージを受けやすいと言えます。

ヒリヒリしてるなら洗いすぎの次は
肌質の変化がないかチェックしましょう。

 

③刺激の強い成分が入ってませんか?

洗顔料の成分を確認

最後は洗顔料ですね。

洗い方も肌質も問題ないのに
なぜかヒリヒリする時は成分を見てみます。

防腐剤香料などが肌に刺激を与えたり
スクラブ合成界面活性剤
皮脂を落としすぎていないか確認。

 

殺菌作用があったりクレンジングも出来る洗顔料は
汚れも落とせますが必要な皮脂や菌も失います。

若い時はそれでも良かったけど
それが続くとは限りません。

 

肌に優しいと言われている牛乳石鹸も殺菌作用があるし
ビオレやダヴ、オルビスの評判が良かったとしても
「自分の肌には合わない」という可能性もあります。

今までヒリヒリした時に使ってた洗顔料の成分が
自分の肌を傷めつけていないか見てみては?

 

そして次に洗顔料を変える時があれば
オイルフリー無添加クレイなど
肌への刺激を考慮したタイプから選びましょうね。

二の腕や太ももでパッチテストをすれば
安心して顔に塗れますよ。

スポンサーリンク

肌に優しい洗顔方法を確認しておく

 

原因を見つけた後は
肌に優しい顔の洗い方について。

基本的には「洗いすぎ」の逆。
一つ目の原因の逆を辿れば正解だけど
もう少し具体的に見ていきますね。

 

まずぬるま湯で顔を洗うコト

顔を温めることで毛穴を開き
優しく洗ってもヨゴレを落としやすくします。
(それに大きい汚れはこれだけでも落ちますし)

適温は32~33度くらいでしょうか。
体温と同じか少し冷たいくらいが目安。

 

次は洗顔料を使って洗うのですが
ここでのポイントは乾燥しやすい箇所は
あまり洗わない様にすること

フェイスラインや目の周りは肌が弱いので
そこはサッと洗うくらいで十分です。

 

あと泡は泡立てネットで
きめ細かく泡立てましょう

これで洗顔時に指の摩擦を減らして
顔の汚れを落とすことができます。

 

  • 先にぬるま湯で洗う
  • 洗顔料は乾燥した箇所には浸けない
  • しっかり泡立ててから使う

 

言われてみると当たり前でも
今まで意識してなかったのでは?

肌がヒリヒリした翌日の洗顔は
このポイントを覚えておくと良いですよ。

 

また基本的な洗い方に関しては
次の記事で詳しく話しています。

これを基準にして、さらに優しく!
そんな意識を持ってると肌への負担を減らせますよ。

記事:ニキビ肌の正しい洗顔方法とは?

 

 

それでも痛いなら2週間の水洗顔がおすすめ!

敏感肌には水洗顔がオススメ

「いくら優しく洗っても痛い」

それくらい深刻なダメージを
肌が受けている時期もあります。

そう言う時は洗顔料を一切使わない
水洗顔で肌のターンオーバーを整えませんか?

 

水洗顔でも汚れは落とせますし
洗顔後の保湿も気にすることはありません。

どれだけ丁寧に洗ってもヒリヒリする
…という場合は水で洗い肌を修復させましょう。

 

ポイントは浄水器で洗うコト
日本の水道水は殺菌のため塩素があるので
浄水器があった方がベター。

温度は先ほどと同じ32度から始めます。

洗顔後にテカリがあったら温度を高く
カサカサしたら温度を低くして
自分に最適な温度を探していきます

 

洗い方としては「すすぐだけ」なので
顔のヌルヌルがとれるくらいで辞めましょう。
(私は20回くらいで、その状態になります。)

「何か物足りない」と感じるかもしれませんが
肌がすごく傷ついている段階だと
これくらい気を付けった方が回復が早いです。

あとは枕カバーを清潔にしたり
指で触るクセを辞めたりして
肌に優しい生活をしてあげて。

 

今回は洗顔後にヒリヒリする原因と対策
これについて考えていきました。

洗い方、肌質、洗顔料
この3つをチェックして
痛みの原因を探っていきましょう。

スポンサーリンク

読んで頂き有難うございました

あなたのお役に立ちましたなら、より多くの方にご覧になっていただきたいので
【ソーシャルボタン】で記事の共有をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ