ニキビ跡を自力で消す方法~クレーター肌を自宅ケアで改善~

ニキビ跡を自力で治せる方法

  • クレーターのニキビ跡を自分で治したい!
  • エステや皮膚科に行くお金も時間もない
  • 何とか自宅で凸凹を薄くする方法はない?

 

鏡を見るたびに嫌になる
頬や口周りのニキビ跡。

そんなニキビ痕を化粧水や
食生活などの生活習慣の見直しで
病院に行かずに「にきび跡」のケアをしよう!

 

皮膚科に行く前に、色々と試して
実際に効果のあった方法とは?

ほっぺや首、背中など
場所に限らない治し方をまとめました。

【目次】

  • ニキビ跡のタイプと治るまでの期間
  • これ以上、ニキビ跡を増やさない為には?
  • 副作用ナシ!肌を修復する睡眠と食生活
  • 化粧水を選び時に外せない3つのポイント

 

 あぁ~。。ニキビ跡が・・・(;_:)

ニキビに悩む私たちの天敵。
それが[ニキビ跡]です。

…私も思春期の時にニキビがひどく
その影響で、こめかみや頬に跡がありました。

 

[病院はお金がかかりすぎる。
何とか自力で消したい。]

そんな思いから自分で調べて試し
改善に向けて頑張っていました。

 

そして今ではスベスベでキレイな肌!
…とは言えないですが昔よりはマシな状態

浅いキズの跡は無くなり赤みの炎症も消え
深い凸凹も以前より薄くなりました
(今も根気よく治療中です。)

 

ニキビ跡を治療するときに
必要な考え方は一つ。

それは[時間がかかる]ということ。
(個人の感覚で言うと半年くらい)

 

効果が即効で出るわけじゃない。。
だからこそ「正しい治療を継続する」

これがとても大切になってきます。

 

そこで、今回は私が実践して
効果を感じたスキンケアの方法を紹介(^^)

あなたがニキビ跡を良くする為に
是非、役立ててください(^^)

 

ではまずニキビ跡の種類と治療期間
これを見ていきましょう。

いきなりニキビ跡の自宅ケアを見たい時は
下のリンクをクリックすると
その箇所に移動するようにしてます。

≫≫ニキビ跡の自宅ケアを先に見るならココをクリック

 

 

ニキビ跡の種類と治療にかかる期間の目安をチェック

ニキビ跡の治療期間

ニキビ跡とは正確にはニキビ痕と言い
肌に出来た炎症や傷、
色素沈着(シミ)のこと
です。

 

同じ個所に何度もニキビが出来たり
炎症を起こした箇所が毛穴の奥深くだと
皮膚の奥の組織が壊れて跡になる。

だからニキビ跡って言うんですね。

 

そしてニキビ跡には
4つの種類に分けられます。

種類によって治る期間が変わるので
一つの目安にしてください(^^)

【ニキビ跡の種類】

  1. 赤みが残る…炎症で毛穴の周りがうっ血し赤くなる
  2. 紫色になる…炎症で毛細血管が破裂する
  3. 茶色…色素沈着によるシミ
  4. 凹凸…炎症が進行し皮膚組織を破壊したもの

 

こうしてみるとニキビ跡というのは
[傷跡]というニュアンスに近いですよね?

それぞれのニキビ跡の治療期間も
傷跡をイメージするとわかりやすいです。

 

たとえば赤みや紫になった場合
これは傷跡でも擦り傷のように
キズが浅いケースですね。

これは半年もかかりません。
比較的、跡の中でも早く治ります。

 

でももし傷が深かったら?
(ニキビ跡で言うとクレーター肌)

これは病院へ行って治したり
何カ月も時間がかかる場合が多い。

 

ニキビ跡も同じでクレーターまで行くと
自力で完璧に元通りに治すのは不可能

レーザーや手術などの
専門的な治療が必要になります。

 

ただ先ほども言ったように
金銭や時間の問題で美容皮膚科に行けない。

そんな時は家で出来ることは何もないのか?
…と言われれば、そんなことはありません。

 

メチャクチャ時間はかかるけど
少しずつ目立たなくするのは可能

人目を気にしない様にしたり
凸凹肌を薄くする方法を考えていきましょう。

 

”にきび跡を増やさない”ことを徹底するのが第一歩

口周り

ニキビ跡、特にクレーターを元通りにするには
とても時間がかかってしまう。

そこで大事になってくるのは
これ以上、クレーターを増やさない事です。

 

その為にはニキビを早く見つけ
すぐケアして跡になるのを防ぎたい。

クレーターに悪化させないポイントとして
一番に挙げられるのは接触ですね。

あなたも、ニキビができたら
つい手で触ったり、つぶしたりしませんか?
(私もすぐ触っちゃう…)

 

手で触る、つぶす

この行為が、
あなたのニキビを重症化させてます。

 

ニキビの原因でも書きましたが
手は、あなたが思うより雑菌だらけ・・・

手の細菌から炎症を起こし
ニキビになる場合も多い。

 

そんな手で、ニキビを触っていたら
化膿して肌深くまで進行していきます。

すると、先ほども言った通り
深い傷になり、跡が残りやすくなる。

つぶすのは、より深刻で
自分でわざわざ深い傷を
作っているようなもの。

 

跡を残したいなら構いませんが
あなたがニキビ跡を治したいのなら

今日からニキビは
触らない、つぶさない

これは大前提になるので
守っていきましょうね(^^)/

 

  • これ以上はクレーターを増やさない
  • その為にニキビへの刺激に気を付ける

それを踏まえて自宅で出来る
ニキビ跡のケアを見ていきましょう(^^)

 

副作用なし!自然治癒力を高める睡眠と食事

ニキビと食生活

美容皮膚科で使うようなレーザーや
ケミカルピーリング、FGF治療などは
自宅でやろうと思ってもできません。

 

ただ自宅でしかできないケアもあります。
それが体の治癒力を高めるというもの。

肌の傷を修復しやすくする
その為に意識したいのは睡眠食生活です。

 

① 食生活で美肌に導く3つのポイント

 

クレーターを治す栄養素なんてありません。
大切なのはターンオーバーを促すこと
そしてニキビを増やさないこと。

その為に食生活を見直せば
少しずつですが肌に変化が出てきます。

 

まず一つ目のポイントはたんぱく質。

コラーゲンの原料になるタンパク質は
動物性と植物性の2つがあります。

動物性タンパク質…肉、魚、卵
植物性タンパク質…豆腐や納豆、大豆食品

 

これらのタンパク質が
新しい肌の原料となります。

原料がないと肌は作れません。

でもタンパク質だけ食べればいいかというと
そういうわけでもないんですね(>_<)

 

そこで2つ目のポイントになるのが
ミネラルという栄養素。

特に亜鉛は新陳代謝を高め
鉄分はコラーゲン合成に必要なアミノ酸を作るので
ニキビ跡ケアに大切な栄養素と言えます。

亜鉛…魚介類、チーズ、ナッツ類
鉄…切り干し大根、パセリ、ひじき、レバー

 

そしてニキビ予防として効果的な栄養素が
ビタミンB2やB6などのビタミンB群ですね。

皮膚粘膜を修復したり
皮脂の過剰分泌を防いでくれる効果があり
今後できるニキビを防いでくれます。

 

またビタミンEは若返りの栄養素と言われ
ターンオーバーを促す効果があるので
こちらも食べておきたいところ。

ビタミンB2…豚レバー、海苔、チーズ、卵
ビタミンB6…にんにく、レバー、マグロ、かつお
ビタミンE…ナッツ類、ゴマ、魚卵、モロヘイヤ

 

  1. タンパク質
  2. ミネラル(亜鉛や鉄分)
  3. ビタミン(ビタミンB群やE)

この3つをバランスよく摂取することで
肌のターンオーバー、ニキビ予防になり
結果としてニキビ跡のケアに繋がっていきます。

 

② ターンオーバーを促す生活習慣を!熟睡で肌を再生

 

ニキビ跡を元通りにする時は
ターンオーバーを促します。

ターンオーバーが加齢やストレスで乱れれば
それだけ肌の新陳代謝が落ちて
新しい肌が生まれにくくなります。

そしてターンオーバーを促すために
効果的なのが睡眠のとり方

 

肌のゴールデンタイムって知ってます?

私たちには肌の修復や再生をする
成長ホルモンというホルモンがあります。

このホルモンが活発になるのがゴールデンタイム
具体的には22時から2時までの時間帯になります。

 

なので睡眠で美肌を目指すには
この時間帯に眠れているか?熟睡してるか?

これを基準にするとわかりやすいです。

 

体の中に肌を作る材料だけあっても
体は働いてはくれません。

「肌を作れ!」と心の中で叫んでも
体は、シカトしてきます(;^ω^)

だからこそ睡眠を活用して自然治癒力を高め
傷ついた跡を治しやすい体にしていきます。

【22時に寝るコツ】

  • 21時にお風呂に入る
  • お風呂上りはストレッチでリラックス
  • 飲み物はホットミルク
  • 21時以降はPCはいじらない
  • スマホはブルーライトカットのアプリ

 

最初の1週間はシンドイと思いますが
習慣にさえしてしまえば
こっちの生活の方が肌の質も良くなってきます。
(ニキビに限らず肌触りが良くなる感じ)

 

22時に寝ないにしても
夜更かしや寝不足は肌の敵。

ニキビ跡も治りっこないよ(>_<)

 

ニキビ跡に使う化粧水で絶対に外せない選ぶ時の基準とは?

ニキビ跡の化粧水

  1. ニキビを刺激から遠ざける
  2. 肌のターンオーバーを促す食事をする
  3. 肌のゴールデンタイムに寝る

 

これが生活習慣でできる
ニキビ跡を自宅でケアする方法です。

 

それに加えて力強い味方になってくれるのが
ニキビ跡専用の化粧水を使うというもの。

化粧水を選ぶ基準については
ニキビを悪化させない、ターンオーバーを促す
この2つは絶対に外せません。

具体的にはこんな効果ですね↓

【ニキビを悪化させない為に】

① 肌に優しい低刺激タイプ
② 保湿で肌を刺激から守れる

【ターンオーバーを促す】

③ ピーリングで肌の生まれ変わりを促す

 

この3つの効果が見込めるものじゃないと
せっかく化粧水を使っても
ニキビ跡は改善されなかったので注意!

 

私のオススメは洗顔からピーリングまで一貫してる『ビーグレン』

 

『結局、何を選べばいいの?』
…と迷っているかもしれません。

一応、私が使ってるものをお話ししますね。
それがビーグレンという化粧水です↓

 

  1. ニキビ予防になる洗顔料
  2. ターンオーバーを整えるローション
  3. ピーリング作用のあるセラム
  4. 跡を目立たせないクリーム

 

この4つのステップで
ニキビ跡をケアできるようになっています。

 

私が選んだ決め手は
洗顔料からクリームまでセットなので
一つ一つを選ばないで楽だったこと

あと洗顔料がクレイ(泥)タイプで
肌を傷つけずに汚れを取れるので
肌が弱い私でも使えたことでした。

(毎日、お風呂上りに
TVを見ながら使ってます)

【ビーグレンがオススメの人】

  • 炎症した赤いニキビがある
  • 凸凹以外も肌にシミが残ってる
  • 市販の化粧水では効果がなかった
  • 他の化粧水でヒリヒリしたことがある
  • メイクやファンデのノリが悪くて厚塗りする
  • トライアルで肌に合うか試したい

 

これに当てはまるなら
買う買わないは別にして

一度、公式サイトで詳細を見てみましょう。
どんな化粧水を選べばいいかわかるので↓

公式サイト:ビーグレンが自分のニキビ跡に効きそうか見てみる

 

 

今日からニキビ跡のケア始める人生と
昨日までの悩むだけの人生では
確実に未来は変わってきます。

あなたはどちらの人生を選びますか?

 

  1. 今あるニキビを悪化させない
  2. 食事と運動を見直す
  3. ニキビ跡に適した化粧水を選ぶ

この3つに取り組んで
人目が気になる人生にサヨナラしましょう(^^)

参考:ニキビ跡に悩むなら試したい基礎化粧品はコチラ

読んで頂き有難うございました

あなたのお役に立ちましたなら、より多くの方にご覧になっていただきたいので
【ソーシャルボタン】で記事の共有をお願いします。

コメントを残す

このページの先頭へ