足のむくみが取れない!理想の”ふくらはぎ”を手に入れる実践法

ふくらはぎのむくみを細くする方法

脚をスリムにスッキリさせたい!

 

そんな足痩せを実現するには
ダイエットより先に取り組むべきものが!

それがむくみ対策です。
むくみ度をチェックし
原因と解消法を確認しましょう!

それが脚痩せへの最短経路です(^^)

 

 

こんにちは。

記事をご覧いただき
ありがとうございます。

 

最近、私の友人から
間違った情報が入ってくるんです。

それは筋肉がつかないように…
水を飲み過ぎないように…
そうじゃないと「むくむ」。

…という情報です。
実はコレ、完璧に間違っています。

 

「えっ!?」って驚きましたか?

そうですよね。何となくイメージでは
筋肉をつけたら太くなるし
水分が増えたらむくむ気がしますよね。

でも、やっぱりこの情報は
間違っているんです(^_^;)

 

間違ってるどころか
全くの逆で、筋肉を付けないと、
水を飲まないとむくむ可能性も!

この記事では女の敵「むくみ」の
チェック方法から、本当の原因も指摘。

むくみは正しい情報を知れば
スッキリ解消できるものなので
是非、参考にしてください。

  • むすみの仕組み
  • むくみの原因
  • 自宅で出来るチェック方法
  • 解消法とは?

 

この4つの流れに沿って
話を進めています。

スポンサーリンク

むくむができる原因は◯◯の受け渡し?

まずは、むくみの仕組みについて
それを説明させてください。

むくみとは何か?それを一言で言うと
皮膚の下の水分量が増えることなんです。

皮膚の下にある水分が増えて
パンパンにふくれてしまう。。

 

では、なぜ水分量が増えるのか?
それが問題ですよね。

そもそも血液というのは
動脈を使うことで心臓から体へ
静脈を使うことで体から心臓へ。

このように動脈と静脈を
使い分けて血液は体を巡ります。

 

そして血液は体をめぐる時に
ある1つの仕事をしています。
それが、細胞との水分の受け渡し

 

細胞に必要な水分を与える
細胞が仕事を終えたら
余った水分を受け取る

…という仕事をしています。

 

もし、そのとき血液が
水分を受け取れなかったら?

そうです!これがむくみ。

要は水分の受け渡しが
出来ない時にむくみになる

ということになります。

そうなってくると次に気になるのは
なぜ水分の受け渡しが出来ないか?
それがむくみの原因と繋がってきます。

 

“ふくらはぎ”がパンパンにむくむ原因は生活習慣?

むくみやすくなる生活習慣

なぜ私達の体は
水分を受け取れなくなるのか?

その原因の一つに、
長時間同じ姿勢でいること
これが挙げられます。

 

どういうことかというと
長時間、同じ姿勢でいると
下半身の静脈が太くなるのですが

静脈が太くなると
血液の流れが遅くなる。

(ホースをつまんだほうが
勢い良くでるのと同じです。)

 

すると流れが遅れた分
血液を上半身へ送ろうと
静脈の圧力が高くなっていきます。

そして圧力がかかると
細胞が水分を血液に渡そうとしても
跳ね返されてしまいます。

 

不必要な水分がドンドン溜まっていく
これが「むくみ」の近年増えつつある
原因と言われています(´・ω・`)

具体的な姿勢としては
デスクワーク立ち仕事
勉強(学生)とかは特に注意!

こういった作業が多い人は
下半身に血が溜まってむくみやすい。

 

…でも、こんなのって
今どき殆どの人に当てはまりませんか?

そこで次は「むくみのチェック方法」
むくみ度を確認して
あなたの現状を知りましょう!

スポンサーリンク

自宅で出来る”むくみ度”の簡単チェック方法

 

次はむくみのチェック方法
これを確認しましょう(´・ω・`)

とっても簡単なので
やってみてください↓

【むくみチェック方法】

  1. 足のすねの内側を指で押す
  2. 少し痛いくらいの強さまで
    「グー」っと10秒押してみる
  3. 指を離す
  4. 凹んだところを観察
  5. 5秒たっても皮膚が元に
    戻ろうとしなかったら、むくんでいる

 

この最後の凹み具合
元に戻ろうとしているかどうか
これでむくみ度を計れます。

もし、戻ってこなかったら
次のむくみ解消法を実践して
スッキリ解消してやりましょう!

 

むくみ解消法のオススメ3選+おまけ

%e3%81%8a%e5%b0%bb

仕組みも原因もわかった。
自分のむくみ度もわかった。

さあ!あとは
解消法だけですね(^^)

 

足のむくみ解消法は
全部で3つあります!
1つずつ確認しましょう!

 

① 爪先立ちを1秒×10回する

 

先ほど、ふくらはぎのむくみの原因は
同じ姿勢をとることだと言いましたよね?

同じ姿勢をとるのはしょうがないとしても
むくみを防ぐことが出来ます。

 

それが爪先立ち!
かかとを上げるだけ。
それを1セット10回します。

3時間おき1セットできたらベストですが
間隔に関しては気にしなくてもいいです。
(社内でやったら引かれますしね。笑)

 

朝、昼、夜と
1日3回ほどすれば
効果が期待できますよ!

これで、ふくらはぎを刺激でき
血液のむぐりを良くすることで
水分の受け渡しをスムーズにします。

 

② コップ1杯分の水を飲む

 

2つ目の解消法は
「水を飲むこと」

水を飲まないと体の水分量が低下して
余計に細胞が血液に水分を渡さずに
溜め込もうとしてしまいます。

コップ1杯で構いません。
いつもよりも水分を摂取する。
これがむくみ対策に繋がります。

 

③ 筋肉をつける

 

冒頭でも書きましたが
筋肉をつけると足が太くなると
思っていたら、全くの間違いです。

確かにアスリート並みに
筋トレをすれば太くなりますが
適度に筋肉がないとむくみの原因に。

 

…というのも、ふくらはぎは本来
血液を体に送るポンプのような
役割を果たしていているんです。

だから、ふくらはぎの筋肉がないと
血液が巡りが悪くなり、それが
ふくらはぎや足全般がむくみとなる。

なので適度な筋トレは
むくみの解消に有効です。

スポンサーリンク

顔のむくみもついでに解消!10秒ストレッチ

 

最後に、この記事とは
関係ないのですが
顔のむくみの解消法をどうぞ!(笑)

 

【顔のむくみ解消法】

  1. 顔のパーツを中心に寄せる。(10秒)
  2. 顔の緊張を解き、だらけた顔をする。

 

これを交互に繰り返すことで
血流が良くなり皮膚の水分が
血液に受け取られます。

 

自宅で0円ダイエットをしてコッソリ理想の体型に!

 

では最後に、この記事の
内容をまとめておきます。

  • むくみは血液と細胞の水分の
    受け渡しができない時に起こる
  • 原因は同じ姿勢で長時間過ごすこと
  • 自宅で簡単にむくみ度をチェックできる
  • 解消法は爪先立ち、水を飲む、筋肉をつける

 

当サイトでは女性特有の
悩みについての記事を
多数載せています。

そちらも是非
読んでみてください↓

記事:家でできる0円ダイエット方法のまとめ
記事:偏頭痛のズキズキをスッと楽にする方法
記事:大人ニキビをこっそり自力で治す方法

 

 

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

ではまた、次の記事で
お会いしましょう。(^^)

スポンサーリンク

読んで頂き有難うございました

あなたのお役に立ちましたなら、より多くの方にご覧になっていただきたいので
【ソーシャルボタン】で記事の共有をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ