胸のニキビに保湿は必要ない?間違った保湿ケアは悪化の元

保湿ケア

保湿ってよくない?

 

胸元にできるニキビ。
よくニキビには保湿が大事っていうけど
胸のニキビも保湿で改善されるの?

実際にやってみたところ
保湿する肌タイプと保湿のやり方で
ニキビケアの結果が変わることが判明

 

今回は『胸ニキビと保湿』

保湿の必要性や方法について
いろいろとお話ししていきますね。

デコルテがカサカサしてたり
乾燥してる箇所にニキビがあるなら

今回の話は役に立ちますよ(*´ω`*)

スポンサーリンク

胸ニキビは保湿で良くなるのか?胸という場所の特徴

 

そもそも保湿自体していいのか?
それが私の不安でした。

そこでいろいろと調べてみると
胸はその場所特有の特徴があったんです。

 

まずは皮脂が活発に出ること

顔のTゾーンや背中のTゾーンと同じく
胸も比較的、皮脂がたくさん出るので
それでニキビが出来やすいんですね。

 

次は刺激を付けやすいというコト
服の摩擦やシャンプーの洗い残しなど
胸は外からの刺激が受けやすい。

これもニキビが出来やすい
(…というか治りにくい)原因と言えます。

 

最後は

男性は関係ないけど
谷間に汗が溜まりやすくて
雑菌が繁殖しやすいので注意が必要。

 

こうしてみてみると
胸はニキビが出来やすい環境ですよね。

こういった特徴を持った胸は
保湿の必要があるのでしょうか?

 

 

…結論を言うと個人差があります。
その差とは肌質

例えば肌が乾燥してたら
刺激にとても弱い状態だから
保湿で肌を守ることができますよね。

 

私は混合肌になります。
胸の中心はテカテカしてる反面
鎖骨辺りはガサガサ(泣)

私は鎖骨に細かいニキビができるので
乾燥によるニキビ。
保湿を試す価値あり。と言えます。

 

逆にテカリ肌だったら
まず余分な皮脂を落とすのが優先。

その上で保湿ケアをすればいいけど
保湿だけしても効果は薄いでしょう。

このように胸の肌質によって
保湿の優先順位は変わってきます。

スポンサーリンク

オマケ 保湿が必要な乾燥肌か判断するポイントって?

 

自分の体なので脂性肌なのか乾燥肌なのか
その見極めは簡単だと思います。

でも自分で判断する以外で
見分けるコツもまとめておきますね。

 

まず乾燥肌について。
肌触りがカサカサ(ザラザラ)してて
少しのことでヒリヒリ痛みが起きやすい。

強い成分の石鹸やピーリングで
肌がピリピリしてしまうことがあります。

胸では鎖骨が皮脂が少ないので
その辺りの肌を見てみると良いですよ。
(特にお風呂上りは白い粉が出ます)

 

胸周りを保湿するときには2つの注意点がある!

ニキビケア

胸を保湿する時に
私が心がけていることは2つあります。

 

一つ目は汚れと余分な皮脂を落とすこと
汚れてるのに保湿したら
余計、汚くなりますよね?

なので保湿は汚れがない時間帯
お風呂上がりにやるように気をつけています

 

次に気をつけてるのは成分
何回も言ってるけど胸は皮脂の分泌が活発。

それなのに油分が多いクリームで保湿すれば
さらにベトベトになってしまいます。

なので保湿は化粧水で。
オイルフリーや油分が少ないものを選び使っています。

 

お風呂上がりに油分が少ないものを。
これが、私が胸を保湿する上で
気をつけているポイントになります。

また胸ニキビの原因や治し方については
次の機会に詳しくまとめてあります。
( 記事:胸ニキビが治らない原因と自宅ケア )

 

 

今回は胸ニキビに保湿は必要か?
それを私なりに考えてみました。

  1. 肌質によって保湿の優先順位は変わる
  2. 保湿する時間帯はお風呂上り
  3. 保湿する時は油分が少なめの化粧水で

最終的に、この3つに落ち着いたので
あなたも悩んでいるなら
この3つを参考にしてもらえると嬉しいです。

スポンサーリンク

読んで頂き有難うございました

あなたのお役に立ちましたなら、より多くの方にご覧になっていただきたいので
【ソーシャルボタン】で記事の共有をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ