お腹インアウトダイエット~呼吸のやり方と効果が出るまでの時間~

インアウトダイエットでお腹周りのぜい肉を減らす

ポッコリお腹が消えた!?

 

全然しんどくないし
ほんの少し、意識するだけで
こんなに効果が出るとは…

そんな世間で注目の
お腹インアウトダイエット

その正しいやり方と
効果が出るまでの時間とは?

スポンサーリンク

 

記事をご覧いただき
ありがとうございます。

管理人のはるです。

 

腹筋をしても便秘を解消しても
なかなか改善されなかった
私のポッコリお腹(^_^;)

それを解消する超シンプルな
ダイエット方法がテレビで
放送されていました。

 

その番組は日本テレビの
世界一受けたい授業

子どもに見せたい
番組NO1のやつです。

けっこう、見た人も
多いみたいですね。

 

その中で放送されていた
お腹インアウト方式ダイエット

これは、呼吸法を変えるだけで
ウエストを絞る効果がある!

…という画期的な
部分痩せダイエット法です。

 

呼吸なんて24時間
365日やっているもの・・・

 

それをほんの少し意識を
変えるだけで痩せられるなら、
こんな簡単なことはありませんよね!?

ということで今回のテーマは
【お腹痩せの呼吸法】

・インアウトダイエットのやり方
・効果はある?期間は?

この2つを中心に
情報をまとめています。

スポンサーリンク

インアウトダイエットの基本のやり方はシンプル

 

まず、最初にインアウトダイエットの
やり方をチェックしましょう。

めちゃくちゃシンプルなので
一発で覚えられます(^^)

 

【イン・アウトのやり方】

  1. お腹を出す
  2. お腹を出しきる
  3. お腹をひっこめる
  4. お腹をひっこめる

この1~4を
各1秒ずつリズムよく行う。

 

これだけです。
ね?簡単だったでしょ?(笑)

 

なぜ、この呼吸法が
お腹の部分痩せに効果的かというと

この呼吸を継続することで
お腹の腹直筋
鍛えることができるから。

この筋肉は、お腹周りの脂肪を
燃焼してくれる、ダイエットには
ありがた~い筋肉なんです。

 

より成果を出すには
「リズム」を意識すること。

「息を吐く」
「息を吐く」
「息を吸う」
「息を吸う」

この1つずつの行動を
1秒のリズムで一定に行います。

 

個人的にオススメなのは
歩きながら呼吸法を取り入れること。

歩きながらだと
一定のリズムを刻みやすく
有酸素運動にもなって一石二鳥

通勤通学中にできる
お腹痩せダイエットですね。

次は、より効果を早く
確実に出す方法を確認しましょう。

スポンサーリンク

より効果的な呼吸の方法とは?上級者向き

 

先ほどの呼吸法が慣れてきたり
もっと効果を上げたい時は
リズムを早くしましょう!

 

 【より効果的な方法】

  1. お腹を出す
  2. お腹をひっこめる
  3. 1,2を1秒ごとに繰り返す

 

1テンポ(1秒)ずつ
お腹を出したりひっこめると

より腹直筋が鍛えられ
お腹痩せに繋がります。

 

最後に、この呼吸法は
どの程度の期間で
効果が出るのかを調べてみました。

実践した人の
ネットの声を聞きましょう。

 

実際に効果が出るまでの時間は?

 

私自身は2週間ほど
お腹がへっこんできたという
実感を得ることが出来ました。

ただ、私の場合は
通学時間が20分ほどあって
ずっとイン・アウト呼吸法をしていたので

他の人よりも
呼吸法の実践時間が
長かったと思います(^_^;)

 

ネットで声を拾ってみると
多くの人は「20日前後」
効果を実感できるようですね。

まあ、時間と場所を選ばずに
楽にできるダイエット法なので
やってれば必ず成果が出る。

それが、このダイエットの
特徴だと再確認しました!

 

他にも自宅で簡単にできるダイエット方法が?

ダイエット方法を調べる女性

最後まで記事を読んで頂き
ありがとうございました。

このサイトでは、今回説明した
インアウトダイエット以外にも
多くのダイエット法を載せています。

 

そちらの方もチェックして
もらえると嬉しいです。

下記の青色の文字を
クリック(タップ)すると
見られるようになっています。

記事:痩せやすい体へ!基礎代謝を上げる食事と運動!
記事:大人ニキビを治して自分に自信を持ちたい人へ

 

 

今回の内容は以上となります。

ずーっとしてる呼吸を少し意識するだけで
ポッコリお腹がなくなるって素敵ですよね?

ぜひ今から、インアウトダイエットをして
お腹周りをスッキリさせてみませんか?

スポンサーリンク

読んで頂き有難うございました

あなたのお役に立ちましたなら、より多くの方にご覧になっていただきたいので
【ソーシャルボタン】で記事の共有をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ