おしりニキビに脱毛は意味ある?毛抜きや剃って悪化するリスクも!

%e8%84%b1%e6%af%9b

脱毛したらニキビは消える?

 

たまに聞く、こんな噂。
これってホント?それともデマ?

やった後に後悔しても遅いから
ニキビへの影響を先に知っておきたいですよね。

今回は脱毛とニキビについて。
特にお尻ニキビとの関係を見ていきます。

 

デリケートゾーンに吹き出物がある
生え際にブツブツができるetc

下半身のニキビが増えてきた人、
『下』の悩みがある人は

脱毛はメリットとデメリット
どちらが大きいかを判断してみては?

スポンサーリンク

噂はホント?脱毛をするとニキビが改善される?

 

そもそも何で脱毛すると
ニキビが改善されると言われてるのか?
それは毛の役割にありました。

もともと毛というのは
肌を汚れや刺激から守るコト
その為に生えてきます。

 

髪の毛や眉毛、下半身などなど
大事な部分、守りたい部分に毛が生える。

だから結果として毛には
汚れがつきやすいんです
(産毛だと皮脂も付きやすい)

 

すると汚れが付いた毛を洗わかったり
お風呂での洗い方が雑で落とせてない場合
その汚れが肌について不潔になりますよね?

すると毛穴に菌が入り炎症を起こす。
結果としてニキビのリスクもUPします。

 

脱毛がニキビに効果があるという噂は
清潔に保てるからというのが理由。

ではデメリットはないのでしょうか?
脱毛することで逆にブツブツが出来る人の
『ある病気』について知っておきましょう。

スポンサーリンク

ニキビとは別のブツブツがお尻に出来る可能性も?

 

脱毛後にニキビは改善される
…という人もいることはいます。

でもその真逆で脱毛後に
さらにブツブツができた人もいます

 

実はそのブツブツ。
ニキビではなく毛嚢炎という病気なんです。

毛嚢炎というのはブドウ球菌という菌が原因で
発生することが多い皮膚病のこと。

皮脂が多いく分泌される顔や背中
あとは太い毛がある脇やデリケートゾーンに
出来やすいと言われているブツブツ。

 

なぜ脱毛後になりやすいかというと
脱毛は光線で毛根細胞を破壊するので
脱毛後に肌が弱くなっちゃうんですね

結果的に細菌の侵入をゆるして
炎症も起こしやすくなるというコト。

 

だから脱毛後は保湿をしたり
刺激を与えない様にしたり
清潔に保つ必要があるんです。

実は私も自分で毛抜きをすると
このブツブツが出来やすい肌タイプで
それで毎回、困っていました。

 

また医療レーザー脱毛は
今話した毛嚢炎以外にもリスクがありますし…

これらのメリット・デメリットを考えると
個人的にはお尻ニキビを無くしたいから脱毛。
…というのは効率的でないと思います

 

脱毛より先に試したい”お尻ニキビのケア”

自宅のニキビケア

あくまで個人的にはですが
脱毛でニキビケアは乗れない。

だから私がオススメするのは
他の方法でおしりニキビをケアすること

 

さっきも言った通り毛に汚れが付いたままだと
それが肌に刺激を与えてしまいます。

だから毛も含めたお尻を清潔にすれば
毛によるニキビは防げるし脱毛の必要性もなくなる

 

そこでポイントになるのは入浴です。
お風呂に入った時は以下のポイントを抑えると
お尻の毛の汚れはキレイに落とせます。

シャワーじゃなく
湯船に浸かって汚れを落とす。

シャンプーや石鹸の習い残しが
お尻や毛に付かない様に洗い落とす。

入浴後は汗をかきやすいので
お風呂から上がったらタオルで拭く。

 

これらが徹底できていると
毛の汚れが残ることはありません。

脱毛したからといって
必ずニキビが良くなるわけじゃない。

逆に不潔にする習慣があったら
脱毛してもしなくてもニキビができやすいです。

 

毛をどうするかよりも
お尻の清潔さと保つこと。
これが大事だと私は思っています。

お風呂以外でのお尻ニキビの治し方は
別の機会に詳しく話しますね。

記事:おしりニキビが治らない原因と治し方のコツ

 

 

今回はお尻ニキビと脱毛の関係。
それについて私なりの意見を話しました。

一個人の意見ですが
参考になれば嬉しいです(^^)/

スポンサーリンク

読んで頂き有難うございました

あなたのお役に立ちましたなら、より多くの方にご覧になっていただきたいので
【ソーシャルボタン】で記事の共有をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ