ドライアイに似た症状?眼瞼痙攣という病の診断方法と違い

ドライアイが治らない時は眼瞼痙攣かも?見分け方

ドライアイが全然、治らない…

 

それって本当にドライアイ?

目が渇く、瞼がけいれんする
目がゴロゴロする…

 

同じ症状で全く別の
目の病気があった!?

その病気とは?
見分け方は?

 

 

目の病気で、ここ15年ほどで
飛躍的に増加しているものがあります。

具体的な数字でいうと
平成8年と比べ、なんと
68倍になる2200万人

日本人の6人に1人が
なっている計算になります。

 

それがドライアイ

 

しかし今回は
ドライアイのことは書きません。

今回の記事は、そんなドライアイと
間違えやすい病気を紹介します。

 

その病気とはドライアイと
同じ症状なのに治療法や原因は
全然違う目の病気。

非常に注意が必要なのに
皆さんに知られてない病気です。

 

もしあなたが「目が疲れやすい」
「目が渇く」、「まぶしく感じる」
「目がごろごろする」

こんな症状があるなら
ドライアイだけでなく
もう一つの病気も疑ってみては?

【この記事の目次】

  • ドライアイとは?
  • 全く違う病気って?
  • 見分け方を紹介!

この3つの目次に沿って
お話をしていきますね。

スポンサーリンク

ドライアイの原因と危険性をチェック!

 

まずは、ドライアイについて
簡単に説明していきます。

ドライアイとは言葉の通り
目が乾燥する症状のこと。

 

目が乾燥することの何が問題かというと
目が傷つきやすくなることなんですね。

ホコリや、ちょっとした衝撃を受けただけで
目自体が傷を負ってしまう危険性が高くなる。

私達はもちろん眼球を
取り換えることもできないので
傷が深かったら一生モノです…

 

あともう一つのリスクとして
乾燥するだけではなく
目が感染症にもかかりやすくなります。

…というのも、乾燥していると
菌が死滅しにくく繁殖してしまうから。

 

このように、ドライアイ自体が
何か問題があるわけではなく

それによって色々な目の症状が
引き起こされてしまうことが怖い。
だから予防や改善が必要なんです。

 

そんなドライアイの原因は主に2つ

  • コンタクトレンズの誤った使用法
  • 長時間のPCやスマホ

 

最近、ドライアイの人が急増してる
理由がわかりますよね?(笑)

どちらの原因も現代人には
避けられない気もします。。

 

この原因からも想像はつきますが
対処法や予防法としては

  • 治療法は目を酷使しないこと
  • ドライアイ専用の目薬をさすこと

この2つを徹底して
行うことが大切ですね。

 

普通は、この2つの治療法を
実践していれば完治や改善が
見込めるのですが・・・

これらの治療をしても
全く改善する気配のない場合があります。

 

それが、今回、紹介する目の病気。
では本題に行きましょう!

スポンサーリンク

 

ドライアイと似た病気は医師も問診だけでは見極められない?

 

ドライアイと全く同じ症状
でも、原因も治療法も全く違う病気
その病名を眼瞼痙攣といいます。

この病気は言葉の通り
「まぶたがケイレン」する病気。

 

ではなぜ私達はこの病気を
ドライアイと決めつけてしまうのか?

その理由は眼瞼痙攣とは顔の病気であり
目の病気ではないからなんです。

 

この病気は眼科ではなく神経眼科への
受診で見つけられる病気。

だから私達が眼科で
先生に目が渇くと言えば
ドライアイだと誤った診断をしてしまう…

症状が同じだからこそ
患者側も医師側も間違って
診断しちゃうんですね。。

 

そんな眼瞼痙攣について
もう少し詳しく見ていきましょう。

 

眼瞼痙攣とは?症状とドライアイとの見分け方

ドライアイの症状

眼瞼痙攣とは脳の
神経回路の異変により

目の周囲に起きる
神経の病を指します。

 

潜在的には100万人が
発症するリスクがあると言われていて
特に40歳以上の女性が多いんだとか。

初期症状としては、目に異物感
光がまぶしい、目が渇く等
ドライアイと一緒の症状です。

 

「症状が一緒ならどうやって見分けるの?」

 

こんな風に混乱してしまうかも
しれませんが安心してください。

ドライアイと全く同じ症状の眼瞼痙攣を
見分ける方法は二つあります。

 

1つ目の見分け方はドライアイの治療をして
効果が出るか出ないかを判断する。

もう1つは、眼瞼痙攣特有の
瞼の上がピクピク動く、
瞼を上げにくいという症状を自覚すること。

 

ただ、これらの瞼の異常を
判断するのは非常に難しいとされています。

だって人は自分の
瞼を見れないですもんね?(^_^;)

 

でも大丈夫!

瞼を見れなくても
瞼の異常を判断できる!
そんな方法があるんです。

それが今から説明する
「ポンポコポン、ギューギューテスト」

スポンサーリンク

ポンポコポン、ギューギューテストで診断が可能!

 

名前は変ですが(;^ω^)
名医が考えた見分け方です。

やり方は簡単で
自宅で見分けられます↓

【ポンポコポンギューギューテスト】

  1. ポンポコポンでリズムよく目を3回閉じる
  2. ギューギューで強く目を閉じる
  3. そして目を開ける

 

やり方はこれだけ!

このときに瞼がスムーズに
閉じて開くことができれば
問題はありません。

 

しかし瞼が開きにくい
リズムよく閉じれない
こんな感覚があれば

眼瞼痙攣の可能性があるので
神経眼科での受診を勧めます。

 

ニキビやニオイも見てみましょう!

 

では今回の記事の
まとめに入ります。

  • ドライアイと同じ症状の眼瞼痙攣
  • ドライアイの治療をしても意味なし
  • 見分ける方法は
    「ポンポコポン,ギューギューテスト」

 

当サイトでは他にも
様々な情報を載せています。

そちらもクリックして
読んでみてください↓

記事:嫌われる前に!ワキガ&口臭のチェック方法
記事:ニキビが目立つ前に治す方法とは?
記事:偏頭痛の痛みがスッと消える方法?

 

 

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

ではまた、次の
記事でお会いしましょう。

スポンサーリンク

読んで頂き有難うございました

あなたのお役に立ちましたなら、より多くの方にご覧になっていただきたいので
【ソーシャルボタン】で記事の共有をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ