鎖骨ニキビが大量に増える原因と自宅で効果的な治し方

鎖骨ニキビ

こんな所にもブツブツが(>_<)

 

首筋から肩にかけて下りた所
胸の横当たりの鎖骨周辺にできるニキビ。
なぜこんな場所にもニキビが出来るのか?

 

今回は鎖骨ニキビの原因と対策』

服が擦れてチクチクしたり
胸元が空いた服だと目立ちますよね?

 

そんな悩みを取り除くために
鎖骨という箇所にニキビが出来る原因と
その原因から考える治し方を考えていきます。

よく鎖骨あたりに細かいニキビが
ポツポツとできる人にオススメです。

スポンサーリンク

なぜ鎖骨ニキビが?鎖骨という場所に潜む3つの特徴

 

なぜ鎖骨という不思議な場所にまで
吹き出物(できもの)が出来てしまうのでしょうか?

その理由は鎖骨という場所にある
3つの特徴にありました。

 

一つ目の特徴としては
鎖骨はカサカサしやすい場所だということ。

首や肩の汗が流れてくるし
皮脂腺も他の場所と比べて活発じゃないので
鎖骨というのはカサカサ肌になりやすいんです。

肌は乾燥すると毛穴が弱くなるので
毛穴に汚れが詰まったり炎症を起こしやすくなる。
だから吹き出物が出来やすいんですね。

 

二つ目の特徴は外からの刺激
これを受けやすい場所だということ。

男女共通だと肌着が擦れたり
男性だとリュックを背負った時とか
女性だとブラジャーや髪の毛だったり。

 

このように鎖骨は歩くたびに
何か外からの刺激を受ける箇所なんです。

特に下着や肌着はヒートテックなど
ポリエステルやナイロン、アクリルの素材だと
肌のカサカサにもなりやすい。

一つ目の特徴『カサカサ』も
酷くさせてしまうので厄介なんです。

 

あとは体を洗う時に強く洗ってしまったり
シャンプーの洗い残しが鎖骨に溜まるなども
鎖骨を攻撃してしまう原因になります。

これらの刺激はニキビを長引かせたり
悪化させてしまうので避けた方が良いです。
(その対策は後で詳しく話します。)

 

最後、3つ目の特徴は
鎖骨に流れるリンパ節ですね。

リンパが滞ると老廃物も溜まりやすい。
すると新陳代謝が遅くなって
皮脂の増加やニキビに繋がります。

リンパを流すってよく言うけど
この鎖骨周りのリンパの流れを良くすることが
美肌やニキビ対策にもなるんです。

スポンサーリンク

鎖骨ニキビを減らして予防する方法を考える!

 

  1. カサカサ肌
  2. 刺激
  3. リンパの流れが悪い

この3つが鎖骨ニキビが出来るときに
多くの人に当てはまる共通点になります。

ではこの原因を考えながら
対策を練っていきましょう(^^)

 

まずはカサカサ肌への対策。
これは簡単ですね。
ズバリ保湿ケアになります。

化粧水や乳液、ボディローションなどで
鎖骨を保湿してあげるのが手っ取り早い。

 

特にお風呂上りや汗をかいた後は
鎖骨がパリパリしたり
白い粉が出るほど乾燥します

このタイミングを狙って保湿すると
カサカサ肌を防ぐことができます。

 

保湿をしたうえで次に出来るのは乾燥予防。
夏は汗が溜まらない様にタオルを鎖骨に当てたり
肌着は通気性が良いコットンやシルクにします。

ブラジャーに関しても
肌に優しいタイプがオススメ。

でも少しダサいと感じるなら
日によって変えるだけでも
鎖骨の乾燥をある程度は防げますよ。

 

次の対策は刺激について。

これは『禁止事項』を確認することで
外からの刺激を遠ざけることができます。

 

まずは服の素材の禁止事項。
ポリエステルやナイロンだと肌が荒れやすい
だから自然素材の肌着を選びましょう。

ヒートテックなどの防寒も
肌着の上から着ると良いです。
私も毎年、冬をそうやって乗り切ってます。

 

次はブラジャーについて。
これも同じで素材を優先して選ぶのと
あとは何といってもサイズですね。

サイズが合ってないと
歩くたびにズレで擦れてしまう

次に買う時はデザインも良いけど
素材とサイズも忘れないでほしい(´・ω・`)

 

 

最後はリンパの滞りですね。
これはマッサージで解消しましょう。

マッサージの方法は口で言うよりも
動画を見た方が伝わりやすいので
YouTube動画を載せておきます↓

 

お風呂上りに保湿と同時にほぐすと
一石二鳥で時短で鎖骨のケアが出来ます。

マッサージ自体も超カンタンだし
やってると気持ちよくなりますよ(*´ω`*)

 

  1. 保湿
  2. 服の素材とサイズ
  3. リンパマッサージ

 

この3つを意識して
鎖骨ニキビを減らしていきましょう。

また鎖骨周りの胸ニキビに関しても
原因と治し方を見ておくと良いですよ。

記事⇒:胸ニキビの原因と自力で治す方法とは?

 

 

今回は鎖骨ニキビが出来る原因と
原因を取り除く対策を考えていきました。

個人的には鎖骨は特に乾燥しやすいので
大事にスキンケアをしてあげて(^^)

スポンサーリンク

読んで頂き有難うございました

あなたのお役に立ちましたなら、より多くの方にご覧になっていただきたいので
【ソーシャルボタン】で記事の共有をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ