生理前のニキビへ!基礎化粧品を選ぶときに外せない3つの基準とは?

普段、使ってるのにピリピリする…

いつも使ってる洗顔料や化粧水が
生理前だけ合わないときってありませんか?

それは生理前になると肌が敏感になり
今使ってる基礎化粧品の成分のせいで
肌がダメージを受けてるからなんです。

 

今回のテーマは
生理前のニキビ肌に効果的な基礎化粧品選び。

洗顔料や化粧水を選ぶ時に何が大事か…
そのポイントを抑えて化粧品の選び方を知り
スキンケアを正しく見直しましょう。

 

① 生理前の肌でも安心して使える低刺激なタイプを選ぶ

肌に負担をかけない洗顔料

まず大前提にあるのが
肌に優しい成分の基礎化粧品を選ぶこと。

悪い成分として注意したいのは
パラベンアルコールが含まれた洗顔料ですね。

市販の洗顔料によく入っている成分で
洗顔後のヒリヒリを招きやすいです。

生理前のスキンケアで肌が痛くなるなら
パラベンフリーやアルコールフリーといった
肌に優しい洗顔料を選びましょう。

 

理想なのは汚れを吸着して落とす洗顔料ですね。
スクラブなど擦って汚れを落とすタイプは
敏感肌を傷つけてしまうことがあります。

その点、汚れを吸着して落とすタイプは
肌を傷つけずに毛穴の汚れを取り除けます。

  • パラベンフリー
  • アルコールフリー
  • 吸着タイプ

 

この3つに注目して洗顔料を選べば
肌に負担をかけずに顔を洗うことができますよ。

 

② 生理前の肌に潤いを!保湿力が高い化粧水や美容液で肌を守る

バリア機能をサポートする化粧水

生理前はホルモンバランスが乱れることで
バリア機能が低下し肌が敏感になります

そこで基礎化粧品の選び方として
2つ目にポイントになるのが保湿力。

保湿力が高い成分が含まれた化粧水や
バリア機能を元通りにサポートする美容液で
生理前の肌を刺激から守る必要があります。

 

またバリア機能をサポートする以外でも
肌が乾燥してると皮脂の量が増えて
毛穴詰まりからニキビが出来やすくもなります

それを防ぐためにも
洗顔後の保湿は大事なんですね。

もちろん生理前に肌荒れや”くすみ”を感じたり
いつもとメイクのノリが違う
…なんて場合も保湿がオススメです。

  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • セラミド
  • プラセンタ

 

今から化粧水や美容液を選ぶ時は
こういった保湿力が高い成分が入ったものを選びましょう。

 

③ 生理前に乱れるホルモンバランスを整える成分とは?

 

肌に負担をかけない洗顔料
保湿力が高い化粧水、美容液

生理前のニキビ肌に悩むときは
この2つを意識して基礎化粧品を選ぶのがオススメ。

 

ただ、それにプラスして
生理前に乱れるホルモンのバランスを
整える成分が入っていれば最強です。

ホルモンバランスが乱れたままだと
黄体ホルモンの影響で皮脂の分泌が増えるんですね。
それが生理前の大人ニキビの原因になります。

だからこそホルモンバランスを整える成分
これが入っていた方が心強い味方になります。

 

  1. 肌に優しい吸着タイプの洗顔料
  2. 保湿成分が含まれた化粧水と美容液
  3. ホルモンバランスを整える成分が入っている

 

この3つを満たしている基礎化粧品なら
生理前のニキビ肌をケアできます。

個人的にオススメなのは
女性ホルモンに着目したラミューテ

生理前のニキビにラミューテ

タルクという成分が肌を傷つけずに汚れを吸着し
保湿成分のナノヒアルロン酸やナノコラーゲンが肌の奥深くに浸透。

さらにダマスクローズというローズの香りが
脳に女性ホルモンの分泌を促すので
生理前の大人ニキビにピッタリの基礎化粧品でした。

 

▼こんな人にオススメ▼
  • 生理前にニキビを繰り返す
  • 毎回、同じ場所にニキビが出来やすい
  • 生理前だと洗顔料や化粧水が合わなくなる
  • アロマやローズの香りが好き

 

もしこれらに一つでも当てはまったら
ラミューテを検討してみましょう。

公式サイト⇒ラミューテが自分の肌に合うか確かめる

 

今回は生理前のニキビ肌のための
基礎化粧品の選び方を見ていきました。

  1. 肌を傷つけない洗顔料
  2. 保湿力が高い化粧水と美容液
  3. ホルモンバランスに着目した成分

この3つを満たす基礎化粧品で
周期的に繰り返す大人ニキビの悩みから解放されましょう!

参考⇒女性ホルモンに着目した基礎化粧品を見てみる

大人ニキビ訴求

読んで頂き有難うございました

あなたのお役に立ちましたなら、より多くの方にご覧になっていただきたいので
【ソーシャルボタン】で記事の共有をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ