若年性白内障の原因と予防~大桃美代子も発症?失明を防ぐ~

視力検査をする眼科医

若くても白内障になる?

 

老人性だけだと思ったら大間違い!
現代人に急増している若年性の白内障。

発見が遅れて進行した場合は
手術や治療の可能性も?

 

目の病気の症状や
発症リスクを低下させる生活の仕方etc

眼科で診察を受ける前に
自分で出来ることとは?

 

私、右目が見えないんです・・・

そう告白したのは
芸能人の大桃美代子さん。

 

大桃美代子さんと言えば・・・

元夫である山路徹さんの
麻木久仁子さんとの不倫(二股)を
Twitterで告発したり、

農業をやって韓国ラブをPRしたり…

 

良い意味でも悪い意味でも
エネルギッシュなイメージがあった方なので

今回の「私の何がイケないの?」で告白した
自身の病気のことはビックリしました。

 

あれだけ活発な方だっただけに
病状を語る姿が、すごい印象的で(>_<)

そこで今回のテーマは
[若年性白内障について]

 

・白内障とは?
・白内障と若年性白内障の違い
・治療法と予防法は?

この3つを中心に
話しをしていきたいと思っています。

「自分には当てはまるか?」
「この病気にどう対応したらいいのか?」

そんなことを考えながら
読んで頂けたら、嬉しいです。

スポンサーリンク

白内障とは?視力の低下や失明のリスクも?

 

まず、白内障について
基本的な情報を確認しましょう。

白内障とは、目の水晶体が白く濁って
視力低下や失明の恐れもある病気です。

 

当たり前ですが
視力はなくなってからでは遅い。

だから白内障という病気は原因や
早期発見、予防法をあらかじめ
知っておくことが大切な病気
と言えます。

そこでもう少し、白内障について
詳しく掘り下げてみましょう。

 

症状のセルフチェックをしてみよう!

 

白内障の症状を一覧にしてみました。

症状を確認しながら、あなたが
白内障の恐れがないかチェックしましょう!

・視界が全体的に白く濁る
・視力が低下する
・光で目がチカチカする
・明るいか暗いかで見え方が違う
・メガネが合わなくなる
・運動、運転時に距離感が掴みにくくなる

 

主に、上記のような
症状が挙げられます。

白内障は進行度合いによって
生活への影響が変わってきます。

 

早期発見がキモの白内障

心当たりがあれば
眼科での検査をお勧めします。

では次に、なぜ
症状が出るのでしょうか?

白内障の原因とは?

スポンサーリンク

原因と予防法を確認してみる

 

水晶体が白く濁る原因で
最も多いのは加齢

 

そのほかには、糖尿病や風疹
目の怪我、ぶどう膜炎、放射線、ステロイド剤

外傷や合併症で引き起こされる
ケースが多い病気のようです。

…ということは、予防することは
すごく難しい病気と言えますね。

 

外傷や遺伝、合併症は
普段の生活では防ぎきれないので
100%予防するということは不可能です。

ただ、あなた自身で
出来る予防法も存在していて

糖尿病などの生活習慣病に気をつけること
サングラスで赤外線,紫外線からの刺激から守ること

 

これだけでも、白内障のリスクを減らし
白内障を重症化することを遅くできます。

 

「100%は予防できないが、
自分でできることをする!」

白内障の予防には
このような心構えが必要ですね。

 

白内障の治療法は?重症度、進行度合い別に!

若年性白内障の特徴

白内障の治療法は
病状の進行度合いによって変わってきます。

 

■ 初期段階の場合

日常生活に支障が少ない場合は
通院での点眼治療(目薬)が主流です。
市販でも目薬は販売されています。

またブルーベリーのサプリメントも
効果的と言われています。

ただ、この2つの方法は症状を
進行するのを遅らせるだけで
根本治療にはなっていません。

 

■ 重症化したら…

初期段階から進行していくと
外科的手術をする必要がでてきます。

手術自体は、リスクも低く
視力回復も見込めて日帰りで帰れるので

大それた手術と
いうわけではありません。

ただ手術後にピントを合わすために
メガネをかけることは必須になります。

 

ここまでの話をまとめると、
白内障というのは高齢者に多く
手術で回復できる病気と言えます。

・・・しかし近年、若い世代にも
白内障にかかる人が増えて問題となり

それが、今回のテーマである
若年性白内障というものです。

 

原因や症状は、ほとんど白内障と同じ。
ただ2つの点だけ気をつけないといけないことがあります。

その2つの点とは何でしょうか?

 

若年性白内障の特徴①

 

白内障と違う点
それは原因にあります。

若年性白内障になる原因として
とても多いケースにアトピーと生活習慣の悪化があります

 

大友美代子さんも
この2つの原因でなったと言っていました。

免疫力が落ちアトピーになり目をこする
食生活の偏り(野菜不足)で目の回復ができない
PC(ブルーライト)やスマホ、ゲームで目を酷使する
コンタクトレンズで角膜を傷つける

 

このように、現代の僕たちは
[目を休ませない生活]をしている
と言えるかもしれません。

こういった目を使いすぎる生活が
若年性白内障と深く関係しています。

スポンサーリンク

若年性白内障の特徴②

 

二つ目の特徴は
若年性白内障は意識して予防すれば
発症のリスクを下げることができる点です。

 

白内障は加齢や外傷など
防ぎきれない原因が多いのに対し

若年性白内障は普段の生活で
気をつけていれば予防できる可能性が非常に高い。

薬でアトピーのかゆみを防ぎ
運動やリラックスする時間を作り
緑黄色野菜を摂るようにする

 

予防法はハッキリしていて
効果もあるので取り組みやすい。

「白内障は高齢者の病気」

こんな昔の先入観は早く捨てて
普段の生活で、ほんの少し
目に優しい生活を送りましょう。

 

次は偏頭痛に関する情報。

頭がズキズキするなら
この記事を読んで
スッキリ解消してみては?

記事:あなたの頭痛のタイプは?見分け方
記事:偏頭痛を自宅で治す方法
記事:肩こりを30秒で軽減させるストレッチ方法

 

今回の話は以上となります。
ではまた(^^)/

スポンサーリンク

読んで頂き有難うございました

あなたのお役に立ちましたなら、より多くの方にご覧になっていただきたいので
【ソーシャルボタン】で記事の共有をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ