自分の口臭を確認する方法って?自分で気づく3つの口臭チェック!

口が臭いか自分で調べる方法

えっ!?もしかして匂ってる?

 

自分では気づきにくい
でも周囲にはハッキリ伝わる
嫌~な口のニオイ・・・

口臭が気になる人も
「私は大丈夫!」と思っている人も
ぜひ一度、チェックしてみましょう!

 

口臭のチェック方法とは?
あなたの口のニオイは大丈夫?

スポンサーリンク

記事を読んで頂き
ありがとうございます。

管理人のはるです。

 

先日、友人としゃべっていると
「おい!昨日、餃子を食べたやろ?」
とイキナリ言われました。

「なんでわかったの?」と聞くと
「だって口、にんにく臭いから」と一喝。

 

確かに前日に餃子を食べました。
でも、自分ではニンニクの
臭いなんてしない・・・

「自分の口臭って気づかない。」
ってことを実感したんです(笑)

 

あと、ゾッとしてことが1つ
その友人に指摘されたのは
昼休みだったってこと。

昼食まで出会った人は
誰一人として私の口臭は
触れてきませんでした。

すごく仲の良い友人だけが
私の口臭を注意してくれたんです。

 

この一件以来、私は
口臭とは自分で気付けない
周囲の人も指摘しないもの。

だからこそ口臭とは
自分で気づく必要がある!
…というふうに痛感。

 

そこで、私自身が気になって
調べてみた今回のテーマは
【口臭のチェック方法】

3つの視点から客観的に
判断できるので、この記事を読めば
あなたの口が臭いかどうかがわかります。

ぜひ活用してくださいね!
では行ってみましょー(^^)

スポンサーリンク

自宅で簡単に診断できる!口臭のチェック方法

 

さて、さっそく口臭のチェック方法を
紹介していくんですが、
大まかに3つの方法があります。

1つずつ、行きましょー。

 

① ビニール袋を使って1分チェック

まず1つ目のチェック方法は
ビニール袋を使う方法です。

 

やり方は簡単!

ビニールに息を吐いて
空気を溜めます。
そして1分ほど待つ。

1分してから、その
ビニール袋の空気を
吸ってニオイを確認する。

 

このやり方で一度、息を
自分の外にだすことで
ニオイに気づきやすくなります。

主観的では、わからない匂い
それを一度、離れることで
客観的に判断できるようになる。

このやり方が一番
オーソドックスですね!

 

②-1 マスクをつける時に匂うか?

ビニールを使うなんて
面倒くさい(´・ω・`)

…って面倒くさがりな人には
マスクを付ける」
という方法がオススメ!

 

マスクをつけて
そこに息がかかる。

室内でマスクを外して
もう一度、外出する時にマスクを付ける。

その時にマスク自体が
臭ったら「口臭が難あり!」

仕組みはビニールと全く一緒。
一度、離れることで匂いに気づけます。

スポンサーリンク

②-2 口呼吸→乾燥→菌増殖→臭い

アプローチからということで

呼吸の仕方から
口臭の危険性を見てみます。

 

普通、人間は鼻から息を吸うもの。
空気中の最近を鼻毛や鼻水でとり
体内にキレイな空気を送り込みます。

ただ、鼻が詰まっている場合。
しかも一年中、鼻づまりの人は
口で呼吸する「口呼吸」をしている。

 

もともと口は呼吸する
役割ではないので

空気中の細菌をダイレクトに
体内に入れちゃいます。

すると口の中が乾いたり
胃や喉が不調になって
口臭もキツくなる。

 

口で呼吸することが
口臭をキツくしてしまうんです。

なので、あなたが鼻づまりや
口で呼吸するクセがあると
口の匂いが臭い場合があります。

 

③ 鏡で舌の状態を見てみると…

最後のチェック方法は
舌の状態(>_<)

舌を見れば臭いかどうか
わかってしまうんです。

 

舌を出して鏡を見てください!
白や黄色の点がポツポツ
付いていませんか?

もしついていたら、
それは舌苔というモノ。

 

これは舌の健康状態が悪いしるしで
口が臭い、匂う原因となる証拠!

鏡を見れば
ハッキリわかるので
チェックしてみましょう!

 

口のニオイの原因と対策はコチラ

 

いかがでしたか?

 

このサイトでは口臭についての
記事を多数、載せています。

下に関連記事を貼っておくので
クリックして読んでみてくださいね↓

記事:自分の口臭の原因は?ニオイ予防のために
記事:周囲に嫌われる前に行いたい口臭ケア!
記事:体臭は大丈夫?体が匂うか確認する方法

 

 

最後まで読んでもらい
感謝の気持でいっぱいです!

ではまた、次の記事で
お会いしましょう(´・ω・`)

スポンサーリンク

読んで頂き有難うございました

あなたのお役に立ちましたなら、より多くの方にご覧になっていただきたいので
【ソーシャルボタン】で記事の共有をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ