偏頭痛の症状を早く和らげる方法~抑えておきたい3つのポイント~

偏頭痛の症状

吐き気や頭の痛みを何とか和らげたい

 

今や中学生などの子供もかかる片頭痛。

目の奥の痛みや痺れ(しびれ)、下痢、めまい等
偏頭痛にはの意外な症状もあります。

 

なので偏頭痛の症状をチェックして
各症状別の原因と
緩和する対処法をまとめました。

あなたを苦しみから開放させるヒントとは?

スポンサーリンク

めまいや下痢も偏頭痛の症状?

 

偏頭痛に関して調べていると
ビックリした情報を発見しました。

確かに、偏頭痛に悩まされる時を思い出すと
このような症状もあったような…

 

「◯◯と偏頭痛って関係してたんだ!」
そんな発見があったんです。

そこで今回のテーマは【偏頭痛の症状】

 

・症状を総チェック。
・各症状の解消法とは?
・根本治療は3つある!

上の3つの流れに沿って
話をしていきます。

 

症状を洗い出すことで自分の重症度や
痛みが来る予兆を知ることができます。

それがわかれば早めに対応して
痛みや不快感にアプローチできるので
痛み以外の症状も把握しておきましょう。

 

それと不快な症状を和らげるために
早く効く対処法を見ていきます。

根本的な治療であないけど
今の症状を緩和できる方法になります。

 

私も痛みが来るときはいつも使ってる方法。
気になるなら、要チェックですよ(*´ω`*)
では一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

片頭痛の症状をチェック!何が当てはまる?

 

では、さっそく偏頭痛の症状を
チェックしていきましょう(^^)/

細かい物を合わせると
下記のようになります。

 

・頭痛
・あくび
・目がチカチカする
・視界が狭まる
・めまい
・吐き気
・下痢 腹痛
・鼻血
・発熱
・しびれ

 

補足説明をするものが
いくつかあります・・・

 

■ あくび,目がチカチカ,視界の異常

これら症状は
偏頭痛の予兆といえます。

この3つの症状が来たら
「あっ!偏頭痛がくるかも」
心の準備と対策を取れるようにしておきましょう。

 

■ めまい,吐き気,下痢,腹痛,鼻血

もともと偏頭痛の原因は
自律神経の不調が関係しています。

この4つの症状も
自律神経の乱れから来るもの。

解消法は同じなので
後で書いておきますね♪

 

■ しびれ、発熱

最後の痺れに関しては
注意が必要です!

偏頭痛にはしびれを伴った
片麻痺性片頭痛というものがあります。

 

すごく稀ですが脳梗塞や
脳内出血の可能性もあるので

しびれと頭痛がセットの場合は
必ずお医者さんに診てもらうようにしてください。

 

各症状別の緩和する方法とは?

頭痛を緩和する方法

上の項目でチェックはすみましたか?

その次は、あなたの症状にあった
対処法,緩和法を見つけていきましょう!

 

■ あくび,目がチカチカ,視界の異常 

先ほども書きましたが
これは偏頭痛の予兆です。

なので早期に効果のある
カフェインを摂取しましょう!

 

カフェインは頭痛が起きて
時間が経った後だと痛みが
悪化する場合があります。

なので予兆を感じたら
すぐに飲んで未然に
防ぐことを意識してください。

 

■ めまい,吐き気,下痢,腹痛,鼻血

これは自律神経の乱れが
原因の症状です。

偏頭痛にも、これらの症状にも
効果的なのは「腹式呼吸」

 

へその下の丹田に力を入れて
ゆっくり息を吸い、ゆっくり息を吐きます。

[息を吸う時間×2=息を吐く時間]

上の呼吸のルールを守れば
さらに効果を期待できます。

 

■ 発熱としびれ

発熱としびれは重症化しているか
別の病気が隠れている場合も考えられます。

病院での診察をお勧めします。

スポンサーリンク

根本治療は食生活,ツボ,薬

 

いかがでしたか?

今回、説明したものは
あくまで対処療法です。

即効性はありますが
スッキリ解消されるものではありません。

 

根本治療は個人的な経験で言うと
食べ物とツボ、通院だと思っています。

 

なので、理想的なのは

偏頭痛の痛み→今回の緩和方法
根本治療→食べ物とツボ、通院

このように取り組むことですね。

 

偏頭痛を解消する食べ物と
ツボについても調べたので
よければ参考にしてください(^^)/

記事:偏頭痛は【食べ物とツボ】で根本治療!

 

 

偏頭痛は必ず治る病気です。

根本治療と対処療法を併用して
上手く確実に治していくのがオススメです。

スポンサーリンク

読んで頂き有難うございました

あなたのお役に立ちましたなら、より多くの方にご覧になっていただきたいので
【ソーシャルボタン】で記事の共有をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ