頬のニキビに保湿は必要?ニキビを遠ざける理想的な保湿の方法

保湿

ベタベタして悪化しないの?

 

なかなか治らない頬のニキビ。

そんなほっぺたに保湿するのは
ニキビが増える原因になるのでは?

 

今回、話す内容はニキビケアとして
頬に保湿はいるのか。いらないのか?

保湿がいるかの判断基準や
保湿のし過ぎや間違った方法など

『頬ニキビを早く治すための保湿』
これについてまとめみました。

スポンサーリンク

あなたのニキビ肌に保湿が必要か判断するポイント

 

誰でも頬ニキビに保湿が必要
…というわけではありません。

まずあなたの肌に保湿が良いか悪いか?
それを判断する必要があります(>_<)

 

その基準が乾燥

当たり前ですが乾燥していれば保湿が必要
逆に乾燥していないのに保湿をすると
肌によくない可能性も出てきます。

 

そして厄介なのが肌が乾燥してるかは
意外と自分では気づきにくいんですよね。

急に肌質がカサカサ
ザラザラすれば気づきますが
徐々に乾燥するケースだと自覚しづらい。

そこであなたの肌が乾燥してるかを
客観的に判断できるポイントを見ていきます。

 

肌質は乾燥肌?あなたの肌の乾燥度をチェック

 

乾燥してるかどうかをチェックするには
最初は頬ニキビのでき方を見ましょう。

あなたの頬ニキビは
左右対称にできてますか?

もしニキビが左右に偏ってるなら
乾燥以外の理由(刺激や不潔)の可能性が高く
両方にできるなら乾燥してる確率が高いです。

 

次の乾燥チェックのポイントは年齢

10代だと皮脂量が多いので乾燥しにくく
ニキビも皮脂が多いせいで出来ることが多いです。

ただ20代後半から30代にかけて
人の肌は乾燥しがちになるので
乾燥によって大人ニキビが出来てくる。

なので思春期ニキビよりは
大人ニキビの方が乾燥が原因の確率が高いですね。

 

次は洗顔後の肌の違和感について。

以前と同じ洗顔料、洗い方をしているのに
つっぱる感じや肌荒れ、ピリピリしてると
乾燥により敏感肌になってるかもしれません。

 

  • 頬ニキビが左右の両方に出来る
  • 年齢が20代後半
  • 洗顔後の肌感が変わってきた

 

これらを基準にすると
自覚しにくい乾燥にも気づけます。

もし当てはまったなら
ニキビ予防のためにも保湿が大事。

頬を保湿してニキビ対策をしていきましょう。

 

またほかでも乾燥肌か
見分けるポイントがあります。

こちらにまとめておきますね↓

【乾燥肌のチェックポイント】

  • 熱いお湯で入浴している
  • 顔をゴシゴシ強く洗う
  • エアコンをつけっぱなしにすることが多い
  • 皮膚が痒い
  • 化粧ノリが悪い
  • 喫煙をしている
  • 便秘
  • 夜更かしや寝不足
  • 紫外線対策をしていない
  • ストレスが長く続いている
  • ダイエットをしている
  • 運動不足

 

これだけでは見分けられないけど
先ほどの3つの基準と合わせて
総合的に判断していきましょう(^^)

スポンサーリンク

間違った保湿ケアに注意!理想の保湿方法とは?

 

保湿で悪化する原因の一つ目は
肌が乾燥してないのに過剰に保湿すること。

それを防ぐために、先ほどは
あなたの肌が乾燥してるかを確認しました。

 

次は保湿の方法について。

ここでも間違った保湿をすると
ニキビケアが逆効果になるので要注意

ここでは特に間違えやすい注意点を
3つに絞ってみました。

 

保湿する時に気を付けたい3つの注意点

 

一つ目は保湿のタイミングですね。
「時間が空いた時に…」というのは間違い。

当たり前ですが肌が乾燥しやすい時間帯に
保湿をすると効果が高まります。

 

私もやっていますが
ベストなタイミングは入浴後

お湯に使ったり洗顔料で洗うと
汚れとともに皮脂も落としてしまうので
入浴後は肌が刺激に弱くなっています。

 

なのでその時間帯に保湿をして肌を守ることで
ニキビが出来にくい肌にすることが可能。

洗顔後の乾燥した肌に化粧水、美容液、乳液
この順番が乾燥肌に理想の手入れの順番です。

 

また冬など乾燥しやすい季節だと
朝、メイク前に保湿をするのもアリです。

化粧品は肌への刺激になるので
それを保湿で守るイメージですね。

(これについては、あなたの肌が
季節の影響を受けるかによりますが)

 

次は保湿グッズの選び方

肌に刺激がある商品を使えば
保湿をする効果が薄れてしまいます。

乾燥してると刺激に弱い状態と言えるので
低刺激タイプの化粧水や
乳液(クリーム)を選ぶ必要があります。

 

オススメはジェルのタイプ。

低刺激でジェルタイプだと
肌にしっとり付くので
保湿力をキープしやすいです。
(パック使えばいいけど面倒なので)

気になる商品をアットコスメで検索して
口コミから肌への影響を見ましょう(^^)

 

最後のポイントは時間

乾燥してるから長時間すればいい!
…と考えるのは危険です。

ずーと保湿をしていると
体が『肌が潤っているから良い』と判断し
乾燥肌が治りにくくなっています。

 

保湿は必要、やりすぎは禁物。

入浴後の保湿から初めて
肌の変化を確かめながら
保湿の加減を見ていきたいですね。

 

  1. タイミング
  2. 化粧水や乳液の選び方
  3. 時間

 

保湿でケアできないときは
まず、この3つを確かめると
原因を突き止めやすいです。

 

今回は頬ニキビと保湿について。
肌の乾燥チェックと間違った保湿方法について
一緒に見ていきました(^^)/

また頬ニキビの治し方に関しては
こちらにまとめています↓

記事⇒頬のニキビを自宅で治す方法とは?

 

 

誰でも同じ方法が
当てはまるわけじゃないのがスキンケア。

だからこそ、自分の肌の様子をみながら
保湿を行っていきましょうね(^^)/

スポンサーリンク

読んで頂き有難うございました

あなたのお役に立ちましたなら、より多くの方にご覧になっていただきたいので
【ソーシャルボタン】で記事の共有をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ