亜鉛の不足でニキビが増える?不足度のチェックと肌荒れを防ぐ摂り方

亜鉛

なんで顎ばかりにニキビが出来るのか?

 

年齢を重ねるごとに
だんだんと増えてくる顎ニキビ。

その原因をいろいろ調べていくと
亜鉛不足なのでは?という疑問に。

 

今回のテーマは『顎ニキビと亜鉛』

亜鉛という栄養素が肌に与える影響と
どうやったら効果的に摂取できるか?
この2つについてお話ししますね。

 

何度もできるしつこい顎ニキビ。
その解決のヒントを栄養素から見てみます。

スポンサーリンク

亜鉛が肌に与える役割と顎ニキビの関係性

 

亜鉛という栄養素は
肌にどんな影響を与えるか?

 

その答えを一言で言うと亜鉛を摂ることで
『肌の新陳代謝(ターンオーバー)』が促されるんです。

ターンオーバーとは
肌が生まれ変わること。

古い肌から新しい肌へ変わること。
(だいたい1カ月で変わると言われています)

 

逆に亜鉛が不足すると
新陳代謝が上手くいかない。

すると古い角質が毛穴に溜まったり
角質が分厚くなってしまいます

すると詰まった毛穴にアクネ菌が増え
炎症をおこしてニキビになりやすくなる。

 

これを踏まえると亜鉛をとることで
ニキビを治すというわけじゃなく

亜鉛が体内で不足していると
ニキビが出来やすい肌にする

…というニュアンスの方が正しいですね。

 

次は亜鉛が不足してるかどうか

それを亜鉛不足の人が持つ症状から調べ
自分が当てはまってないかチェックしましょう。

スポンサーリンク

亜鉛不足の人にありがちな症状を確認しておこう!

 

一つの目安として
亜鉛不足の人が抱える症状を
下にリストアップしてまとめています。

項目全体を見ながら
自分が亜鉛不足気味か、足りてるか
そのチェックをしてみましょう

【亜鉛不足でなる症状】

  • 抜け毛が多くなる
  • 味が変わる(味覚障害)
  • 爪に斑点が出る
  • 乾燥肌になる(肌荒れ)
  • 抑うつ
  • 記憶力の低下
  • 貧血
  • 免疫力の低下
  • 視力が悪くなった感じがする

 

このほかにも激しいスポーツをしてたり
お酒大好きな人も亜鉛を消費しがち。

妊娠中でも不足くやすいので
この辺りも判断の目安にしてください。

 

亜鉛がたっぷり含まる食材で顎ニキビ対策

顎ニキビケア

亜鉛が肌に与える効果を知ったところで
次はどんな食材に亜鉛が多く含まれるか?

それを確認しておきましょう。

献立やレシピに役立ててください( *´艸`)

【亜鉛を含む食材】

  • 牡蠣(カキ)
  • うなぎ
  • レバー(豚・鶏)
  • 卵黄
  • きな粉
  • ゴマ
  • カシューナッツ
  • アーモンド

 

またこれらの食材と一緒に
ビタミンCやクエン酸を摂ると
亜鉛の吸収がアップするのでおすすめ。

ビタミンC…パプリカ、ピーマン、ゆず、キウイ
クエン酸…梅干し、グレープフルーツ、レモン

 

1日の中で、1週間の中で
バランスよくメニューを作れたらベストですね。

 

食材が食べれないならサプリメントで代用

 

個人的な問題なんですが
私は甲殻類アレルギー
牡蠣が食べられないんです。

最初はナッツを食べていたんですが
他に方法はないかと調べてみると
サプリメントで代用する案が浮上。

そこでおドラックストアに行って
薬剤師さんに事情を説明して
亜鉛のサプリメントを購入しました。

亜鉛のサプリ

 

ドラックストアではたくさんの種類があり
何を選んだらいいかわかりませんでしたが
たぶん、どれでも大差ないと思われます。

ネイチャーメイドやDHAなど
有名なものから試すと良いですよ。

 

またサプリメントを摂ったからと言って
顎ニキビが一気に治ったということはありません。
(あったら怖すぎます。)

それにサプリメントでは亜鉛の取りすぎ
過剰摂取の問題も出やすくなります。

 

やはり理想は食材から。

もし私の様にアレルギーの問題があれば
サプリからも補給しましょう。

 

そしてもし顎ニキビが出来たら
素早くケアしてくださいね↓

記事⇒繰り返す顎のニキビを自宅で治す方法
記事⇒口周りのニキビが治らない原因とケア

 

 

亜鉛サプリ案件

今回は亜鉛と顎ニキビの関係
これを見ていきました。

 

バランスのいい食生活といっても
自分の今の食事がどう偏ってるか
判断するのは難しいです。

亜鉛に関しては不足してないか
いつも食材を食べてるか?

それをこの記事を読んで
確認してもらえると嬉しいです。

スポンサーリンク

読んで頂き有難うございました

あなたのお役に立ちましたなら、より多くの方にご覧になっていただきたいので
【ソーシャルボタン】で記事の共有をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ