メルラインを安い値段で買う方法とは?安くなる使い方も!

メルラインを最安値で買う方法は?

「できれば最安値で買いたい」
私はメルラインを買う時、こう思っていました。

やっぱり同じ商品なら、
できるだけ安く買いたいのが本音ですよね?

 

そこでニキビケア商品「メルライン」を
安く購入する方法を調べてみました。

その中で私が見つけた
一番安く買う方法と使い方を紹介します!

【目次】

  1. 楽天やアマゾンは中古品?
  2. 絶対にやめた方がいい買い方って?
  3. 効率的な使い方で安く済ませる方法

 

① 市販で買える?楽天やAmazonでポイントは付く?

 

一番最初に思いついたのは
市販で安く売っている店探し。

お店なら赤字覚悟で売ってる所もありそうだし
やっぱり品を実際に手に取って
メルラインを確認したかったから(^^)

 

…ただ、薬局やスーパーでは見つけることは出来ず。
調べてみるとメルラインは、実店舗での販売はナシ。
『ネット販売のみ』とのことでした。

 

「じゃあ楽天やアマゾンで買おう!
そしたらポイントを付けて安く出来る♪」

そう思って楽天&Amazonで検索。。
しかし、この2社でもメルラインを扱っていませんでした。

(もし検索結果で出てきたら
中古や類似品かもしれません。
返金などの保証がないリスクがあるので要注意!)

 

  • 市販で売っていない
  • 楽天、アマゾンでも売ってない

結局はメルラインを手に入れるには
公式ページからのみの購入となります。

 

「じゃあ、値段も一緒じゃん?」
…と思ったら大間違い。

実際に買って使ってみると
メルラインには損する買い方と
コスパを上げる使い方があることを発見!

 

この2つを守れば損すること無く
効率的にメルラインを使用できます。

その超重要な情報を
ここから、あなたにお話します(^^)

 

② 単品購入は絶っっ対にNG!価格が跳ね上がる。

 

まず『損する買い方』ですが
これはズバリ!単品購入です。

 

メルラインには1個だけ買う単品購入と
集中ケアコース(定期コース)があります。

この2つの違いは価格。
単品購入なら、なんと7500円もします!
(定期コースなら4980円

さすがに7500円は高いですよね?
私は手が出ませんでした(;_;)

 

メルラインには180日間の返金保証もありますし
あなたに何か、よほどの理由がないなら
単品購入は辞めた方がいいです。

 

③ 効率的な使い方で毎月の実質値は下がる

 

「定期コースでも4980円かぁ。高いなぁ」
そう思っていた私が思いついたのは
メルラインの使い方を工夫することでした。

効率的に使うことで価格は変わらなくても
毎月にかかるお金を減らそうとしたんです。

 

そして、その方法が見事に
上手くいきました(笑)。

まず助かったのが
メルライン自体が大容量♪

DSC_0010

朝夜と1日2回、使っていても
1ヶ月で使いきれませんでした^^;

しかも塗ってればニキビが治るので
どんどん塗る箇所が少なくなってきます。

 

あと私の場合はメルラインを
用途を絞って使っています。

一応、メルラインを作る会社は
「ニキビのオールインワンジェル」と謳っていますが

実際に使って効果を感じたのは
やはりアゴ、首、フェイスラインへのニキビ対策

 

ニキビ予防やニキビ跡の効果は
目に見える改善はありません。

『メルライン=顔の下半分のニキビ専用』
こう役割を絞って使うことで
さらに効率よくメルラインを使うことができました。

 

具体的には…

  • 洗顔(ニキビ予防)→ビオレ
  • おでこのニキビ→ビフナイト
  • 顔の下半分ニキビ→メルライン

このように用途を絞ると
メルライン1個で約2ヶ月は持ちます。

だからメルライン1個で4980円でも
私は1ヶ月、実質2490円(4980円÷2)で
メルラインを使っていることになります。

 

定期コースはメルラインを
自宅に2~3個ストックして中止すればOK。

いろいろ使い方を検証しましたが
これがコスパが最も良いのでは?と思っています。

 

月に1回のどうでもいい飲み会や
自分へのご褒美と言って買うスイーツや夜食
(↑これがニキビの原因なのですが。泣)

そんなことに、お金を消費するなら
ツルスベ肌にする投資にお金を使ってみては?

 

メルライン公式ページは下記のリンクです。
クリックして購入し、一緒にニキビを治しましょう。

参考:【公式ページ】メルラインの購入はコチラ

 

 

 

読んで頂き有難うございました

あなたのお役に立ちましたなら、より多くの方にご覧になっていただきたいので
【ソーシャルボタン】で記事の共有をお願いします。

コメントを残す

このページの先頭へ